利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

A Happy New Year !

c47.jpg


皆様


新年あけましておめでとうございます。
また輝かしい新年を迎えられます事を心から感謝いたしております。

2008年も、愛なるもの、美なるもの、光なるもの、真なるもの、善なるもののみに心を振り向け
「本当の自分」から無限の可能性を引き出して生きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。




りやこ
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 22:05:56|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイアナとビーナス

c33.jpg


12月23日の宵には美しい満月の右下に金星が輝き、ダイアナとビーナスが手をつないで微笑んで私たちを見下ろしていたのであった。
内なる心の豊かさと美と繁栄を優雅に示して下さっているようであった。

パワーとはガンガン打ち出していくだけのものではない。
一点の曇りもなく安らかに優しく輝いている時に荒々しい者もふと手を止めてそれを認めることがある。
ブレーキをかけるというのとも違う。
清らかさと美しさが何かを止めたり始めたり動かしたりするのだ。

あなたの純粋な心の響きは強い力に見えないよう思うが実際に多くの物事を動かしたり航路を変えたりしているのである。
そして一旦正しいと思ったことをやり抜こうとする情熱は花火のように高く大きく広がるのである。

ダイアナとビーナスの情熱も、美しさも豊かさも、すべてあなたのものだ。
全身に光を浴びて微笑むだけで荒々しい心を溶かしてしまうのだ。
「本当の自分」の清らかさと美しさを信じて輝くだけでいいのだ。
無駄な力は解けてなくなってしまう。
大切な時間とエネルギーを有効に使う時が来た。
善の時代が始まる。
「本当のあなた」の夜明けだ。

あなたは女神たちと手をつないで微笑むだけでいいのだ。
あなたの優しさも思いやりも暖かさも喩えようも無いパワーとなってすべてをフンワリ包んでしまうのだ。

笑顔で手をつなぐ事。
さあ、輝かしい新しい一年が始まる!
すべてが最誕生する。
あなたも生まれ変わる!
  1. 2007/12/30(日) 23:24:53|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

馬に乗って

c32.jpg


馬に乗って野山を駆け巡りたいと思うことがある。

まず馬の性質と乗馬の仕方と知っていなければいきなりできることではない。
自由にのびのびと走り回りスイスイと邪魔な岩などは飛び越えていけるようになるまでには下地が必要なのである。
自然に覚えたという人がいても両親や身近な人が馬の世話をしているのを見ながら育ったりしているのである。

レッスンを受けたり専門の本を読むのは上達の早道である。
しかし、実地の経験も毎回何かを教えてくれる。
フォーカスが定まってそのことに従事していると、ある時頭で考えなくてもひらりと飛び乗って自由に走り回っている自分を発見する。

積み重ねられている経験はあなたを縛るものではなくあなたを解放するものなのだ。
あなたが野山でも海でも空でも自由に駆け巡る事が出来るように必要な過程が提供され、それをこなした後ではいちいち振り返らなくても実力は血の中に入っているので安心して飛躍できるのである。

ある時、「愛」を信じて積み重ねてきたのになんだかまだ窮屈な状況に置かれている自分を発見する。
あなたは教師やグループから離れて一人で出発できる時が来たのだ。
孤独になるというのではない。
力試しだ。
自分でやってみる。
大自然があなたの舞台だ。

のびのびと乗り出してみるのだ。
平野はもう走れる。
小川を飛び越え、上り下りにちょっとびくついても山の中にも入ってみる。

あなたの呼吸は乱れない。
今は楽しみの方が先だ。
もう厳しい訓練が出来ているのだ。
呼吸法もマスターしている。

自由に動き回るのができるようになったとき、すべてと一体になるということの実践が出来る。
馬と自分をきっちり分けて考えている時は本当の自由は得られない。

手をつないでる人の手の感覚が無くなるくらい「ひとつ」になっている時あなたは本当の自由を味わっているのだ。

飛び出していく。
伸び伸びと走り回る。
自由を満喫する!
あなたが自由に大きくジャンプしている姿は感動を呼ぶのである。
美しいのである。

今まで通ってきた基礎訓練の厳しさが公共の場で紹介されなくてもいいのだ。
どんなに辛かったかではなくどれほど飛躍できるかが大切なのだ。
あなたが幸せに自由を楽しむ事が出来る事が最も大事なのだ。

「本当のあなた」は全く自由な存在である。
形も色も大きさも無い。
だからどのようにでも顕れてくるのだ。
あなたのの選んだ状況で自由に活躍できる。

あなたは自由を約束されている。
下準備は通らなくてはいけないプロセスであるが、基礎がしっかりしている方がより大きく伸びやかに跳びまわれるのだ。
土台を固めたら上に上るのに制限は無いのだ。
空はどこまでも続く。

地平線も境界線も無いのだ。
あなたの世界はどこまでも広く大きい。

飛躍の時が来た。
ひらりと飛び乗って思う存分走り回ろう!
  1. 2007/12/22(土) 00:01:56|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣り

c31.jpg


短気な人は釣りが上手になるというのを聞いたことがある。
気長に「いつか釣れれば良い。」と思ってじーっと糸をたれているのではなく、積極的にどこでどうすればより釣れるのか向上を心がけているからだ。

「ツイてない!」と投げやりにならず、「アイツは運がよかったのだ、、」と人を嫉まず、自分の行動に注目し精神の統一をはかる。
そうすると魚の心がわかるのだろうか?

目標を遂げようとしている時もうチョッとだけ待てばいいだけだということもある。
その時の判断は難しい。
自分は時間を無駄にしているのだろうか?
それとも信じたことを貫くべきか?
これだけやって結果が出ないのはやはりどこかおかしかったのだろうか?
独りよがりだったのだろうか?

最後の最後まで不安や疑いの心を掃除し続けるのがベストだ。
時間があったら今の焦りの気持ちや満たされない思いを紙に書いて燃やしてしまおう。
あなたのすべき事は心をクリアにして内なる声をいつでもはっきり聴けるようにする事だ。
絶妙なタイミングで「今だ!」というきっかけが出される。
その時まごつかないように本当の目的をしっかり見定めておこう。
「ここだ!」という時に行動できる。

あまり待ちすぎていて待つことが普通の毎日の状態でそれが壊されると自分の土壌がぐらつくような気がしてしまうことがある。
なんだか変化は恐ろしいように思う。

私が子供の頃釣りに連れて行ってもらって、実際に手ごたえがあったとき
「ヒャ!本当にかかった!」とどうしていいかわからなかったことがある。
釣り糸をたれていて魚を待っていたのに釣れたらどうするかはわかっていなかったのである。
頭の中では解っていたし、周りの人が釣り上げているのも目撃していた。
しかし、実際に自分が体験するのは初めてである。

あなたはついに実際に自分で体験する時が来る。
大丈夫!
まごつかなくても怯えなくてもあなたの初体験はチャンと成功する。
待っていたのだ。
今までこのために計画や努力を重ねていたのだ。

あなたは希望のものを手にした時また出発点に立つ。
これからは次の段階が始まるのだ。

二人で歩む事。
チームで進めること。
部下が出来、長としてリードしていく事。
クラスを開いて先生になる事。
子供が出来親としての生活が始まること。

願いが叶い、また新しく素晴らしいあなたの「本当の力」を発揮できる土壌が生まれる。
始まりはドキドキするがあなたは念入りに青写真を検討してきたのだ。
その後のちょっとしたアドリブはあわてて考えなくてもスイスイ出来る。
本筋は「本当の愛」を貫く事である。
あなたの知恵を現すことだ。
分かち合うことだ。
みんなの良さを引き出すことだ。

もう進んでいるのだ。
じーっと待っていたように見えたがあなたの心の中は積極的に善い物を呼び寄せていたのである。
古くて汚いものはせっせと整理して捨てていたのである。
動いていないように見えても心の中で大改革が進行していたのである。

本物だけ見極める事が出来るように個室でこっそり訓練を続けてきたのだ。
弱々しかった時は温室で暖め根っこがしっかり伸びるまで待っていたのだ。
人目に触れていなかった分充実して生長出来ていたのだ。

どこで釣れるかウロウロ歩き回るのが賢いのではない。
勘を磨くのだ。
心を研ぎ澄まし自然の音を聴くのだ。

あなたの世界は開ける。
清らかな心の中のイメージが現実に投影される時が来た。
水を得た魚のようにスイスイ自由に泳ぎまわり、変な餌に引っかかる事は無くなった。
もう大丈夫!
内なる声を信じよう。
「本当のあなた」は語りかけているのだ。
あなたはいつも大漁を約束されている。

落ちついて自分の力を見てみよう。
目の前の幸福も成功もあなたが呼び寄せたものだ。
そしてさらに限りない喜びを同僚やチームメイトにもたらす事が出来る。

なんでそんなに釣れるのかヒントをドンドン教えてしまっても、
あなたのバケツの中でピョンピョン跳ね回っている魚が消えてしまうわけでは無い。
あなたの豊かさはいつも保障されているのだ。

あなたは恵まれている。
心豊かに過ごす事が出来る。

今を大切に暖かく過ごそう。
  1. 2007/12/20(木) 22:56:01|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産湯に浸かって

c30.jpg


思わしくない事が続くと「私は自分の事がしっかりわかっていたのだろうか?」と疑問が湧く。
その時あなたは大きく生長しているのだ。

なんだか取り残されているように思えたり、信じてやってきたことの成果が何時までも出なかったりするのだが、何よりも大切なのは人が認めてくれることではなく、あなたがあなたを認めることであり、「本当の愛」をどの位信じているか再度チェックすることである。

自分の心のお掃除は自分でしなくてはならない。
次の段階に進む時は、慣れていた事務所や仕事場を整理して絶対に必要なものだけ持って移動するように、あなたの心も重要なポイントだけ抑えて大荷物を引き摺っていかないようによく見直そう。

気だけ焦っても仕方が無いのである。
心がついて行っていない場合はバランスが崩れる。
そして、その心に「本当の自分」がしっかりつながっていないとただ評判をとったり人脈が増えたりする事が成功だと思ってしまう。
あなたが大きく育つという事はもっと深いことなのである。

思わしくない事が続いたら、さらにドカッと自分の中に座り込んで狭苦しく考えていた点を全部リストし片っ端から改善していこう。
外の世界の窮屈さはあなたの心の中から発している。
あなたはもう一度枠を外す時が来た。

「今までやっていた事は何なのだろうか、、」と疑いたくもなるのだが、あなたが広く大きくなることを目標にしていたからさらに飛躍するチャンスを与えられているのである。
生命体の方からみると健康的な生長期なのだ。

あなたが「愛」を与えるという事と「善を施す人」を混同していなかっただろうか?
「これがいいのだ!」と押し付けがましく行動していなかっただろうか?
誰かに窮屈な思いをさせていなかっただろうか?
素直に出てきた言葉と行動で誰かの役に立っていただろうか?

楽しんで行動していただろうか?
「しなくてはならない!」と歯を食いしばって耐えながら行っている時にリラックスした笑顔を引き出すことは出来ない。
自分の小さい部分はどこで大きな部分はどこであったか?

小ささに気がついたら変えればいいのである。
絶対に縛りになっているものは解け、枠は外れる。
あなたが気がつけば壁は崩れる。

人の事は直ぐに解る。
「あの人はもっと簡単に考えればいいのに、、、」
「細かくガミガミ言わなくてもいいのに、、、」
「リラックスしている時の顔はステキなのにね、なんでいつもイライラしているのかな?」

「私ばかり心配する役を引き受けている、、」と思ったら自分で配役を変えてしまおう。
あなたは心配ではなくて安心感を配る係りになる。
あなたがまずホッと落ち着いて前例を沢山作るのである。
リラックスしたらどれだけ良い知恵が湧いてくるか周りの人たちは肉眼で目撃する事になる。

その時に生まれてくる評判や人脈は本物だ。
あなたの財産だ。
あなたは「本当のあなた」から自分の無限の財宝を引き出しているだけなのである。
楽しみも喜びも自然発生してくるのだ。
気がついたときには「本当の愛」に包まれているのだ。

一旦心の故郷に戻り重苦しかった自分の考えを捨て去ろう。
自分の狭かった了見を捨てても自分が居なくなってしまうわけではない。
「本当の自分」がのびのびと出てくるだけだ。
自由に活動できる時が来るのだ。
家族や恋人や仕事仲間のことでもあなたが決め付けていて相手ががんじがらめで苦しんでいる事が無かったかよくよく見直してみよう。

助け合うのが良いのだと思っても、各自が自分で体験して学ばなくてはならない事もあるので手を差し伸べるのだけが助けではないのだと知ろう。
自分に関しても同じである。
本当の救いは「本当の自分」の中から湧いてくる。
どんなに良い言葉をかけられても外側の心が否定していたのでは内側から沸いてくるものと同調できない。
途中にブロックが置かれているのである。

あなたの内側の命の源には「本当の愛」が生かす力として流れ続けているのだ。
フルに利用するにはまだまだこだわっている心のお掃除をしなくてはならない。
歯を食いしばって「まだまだダメだ!」とゴシゴシ掃除するのではなく、「真の愛」を心から信じてリラックスするだけでいいのだ。
源からあふれ出す愛が不浄を洗い出し、清清しさを呼び戻してくれる。
あなたは赤ちゃんのようにただ産湯に浸かって清められるだけで良いのである。

思わしくない事だと思っていたのに、立ち止まってリフレッシュするチャンスだった。
重要な時間であった。
すっきり綺麗になったあなたはまたまた美しく輝くのである。
血液も生き生きと循環し瞳が輝きいつの間にか唇には歌が甦る。

「本当のあなた」は素晴らしい。
もっと自由に出てくる時が来たのだ。
計算しなくても部分的に小出しにしなくても良いのだ。
あなたは愛されているし、大きく愛しているのだ。

あなたの心はさらに広く大きくなった。
もっと楽しくなった。
受け取るのも楽になった。

疲れたら休もう。
チャンと自分の休養の時間をとろう。
自分の心をマッサージしよう。
ほぐれたらわかる。
キツイ状態が続いていたのだ。
でももう大丈夫!

ゆっくりと深呼吸をして「本当の自分」を甦らせよう!
  1. 2007/12/19(水) 23:08:09|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたの夢

c29.jpg


天界の指導霊たちはあなたに大きな夢を観て欲しいと願っているのだ。
「本当の愛」に波長のあう夢だと「それっ!」っとばかりに応援に駆けつける。

現実の世界に現れるのに時間がかかるように見えても必ず一番素晴らしい結果を得ることが出来るのだ。
今しなければならない事はあなたの夢を大きく育て続ける事だ。

人間が空を飛ぶなどとは夢のような話であった。
人間が宇宙に飛び出すなどとは信じられないことであった。
現在では誰でも外国旅行に飛行機に乗って行くのが常識だ。
科学技術は途方も無い夢を次々に現実のものに変えてくれているのである。

女性の仕事であった炊事、洗濯、掃除などもエンジニアの力で簡単に片付くようになっている。
母親が子供と過ごす時間が増えた。
自分や家族の衣服を手作りするというのは趣味の世界になってしまった。
百年前の女性の生活とは雲泥の違いなのである。

「明るく平和で幸福な生活を送るのだ!」という夢は現実になる。
「愛に満ち溢れた自分を感じる。」というのもただの夢の中の話ではない。
確実にあなたそのものになる。

あなたは健康で美しく、楽しみに満ちた人生を送る。
「人生とは困難が続くものだ。」という考えが一掃される日が来る。
人間が月に行けるのを信じられなかった人たちがいるように、本当に幸せな生活が送れることを信じていない人たちがまだいるのだが、まずあなたが実例を作ってしまわなければならない。

どんなところから出発しても幸福はあなたのものになる。
「本当のあなた」は知っているのだ。
「本当の幸せ」は「本当の愛」の波長に満ちている。
だから時と場所を選ばず一瞬にして「本当の幸せ」を感じる事が出来る。

夢を見てはいけないと制限を与えているのはあなた自身なのだ。
あなたの人生はあなたのものだ。
あなたがどんな大きな夢を観ようと外の人が夢に制限を加えることはできない。
あなたが「こんな事は成り立たない、、」と自分の夢を否定し失ってしまった時、あなたの夢は消える。
しかし、あなたの夢なのでまたいつでも直ぐに夢見る事が出来る。
あなたが自分を小さく限定してしまわない限り、夢は広がり続ける事が出来るのだ。

「愛」の波長にあう夢はどこかで同じ夢を見ている人と一体になっている。
あなたはついにその人に出合うことになる。
「あ、なんだ、心配しなくてもこうなる事になっていたのだ。」とその時解るのだ。

あなたの夢は支えられている。
暖められている。

そしてついにデビューする時が来る。
ドキドキするが、このときを待っていたのだ。
堂々と夢の実現をしよう。
この世の中であなたの夢が息をし始める。
本当に顕れ始める。
それは感動を呼び感謝される事になるのだ。

あなたが夢を持ち続ける時にガイドが付けられているのだ。
あなたは迷子にはならない。
あまり簡単だと自分で達成したように見えないので途中に何回か道しるべがあって「こっちか!」とわかるようになっているだけだ。
でもチャンと導かれているのだ。
大丈夫!
寂しがる事も投げやりになる事も必要ない。
あなたは一人ではないのだ。

大きな夢を育て続けよう!
「本当のあなた」のエネルギーを信じよう!
10年も経てば「あの人の考えを信じていなかった人たちが居たなんて、、、」ということになってしまうのだ。

あなたの夢は素晴らしい!
自分を信じて毎日大きく夢見よう!
  1. 2007/12/18(火) 23:28:09|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身体

c28.jpg


身体は長い間使わせていただくものなので大切にしよう。
あなたの命を宿し毎日命令しなくてもしっかりどの細胞も持ち場を守って働いてくださっているのだ。

細胞もドンドン生まれ変わっている。
同じあなたの身体は存在し続けないのだ。
どこかの細胞はもう昨日と全く違うのだ。
あなたは毎日新鮮なのだ。

精神のぐらつきで暴飲暴食をしてしまっても身体は自己防衛システムで最良のバランスを保とうとする。
睡眠が足りない日が続いても身体は一番必要なところにフレッシュな酸素を送り続けて私たちの活動を支えてくれる。

そこで傲慢になって「いくらでも好きにやっていいのだ、天然のシステムが勝手に調整しているから!」となってはいけないのだ。
内なる声を無視し続けるととうとう一時的にしっかり寝込まなくてはシステムのキャッチアップが出来ないようになってしまう。
自分を大切にするとは自分の財産である肉体も常にコンディションをよくしておくということだ。

内なる声どころかはっきりとした痛みが出ても鎮痛剤などで誤魔化してしまっていたのでは天然のシステムさえ無視していることになる。
痛みはアラームである。
警報なのだ。
「注目せよ!」なのである。

頭痛は瞑想で治ることがよくある。
全身マッサージやその他のホーリスティックな療法でも取れる。
つまり、一旦「何かして考えや心配の枠を外さなくては!」と行動をとる必要があるのだ。

素晴らしい文章を毎日眼で読んでいて頭で納得していても行動しなくてはいけないのだ。
行動というのはやたらに走り回る事ではない。
実践していく、生活の中で本当に利用していくという事だ。

Healing は Health をもたらす。
ヒーリングを繰り返し、心の中も身体も生気を漲らしていこう。
深呼吸は最も簡単な方法である。
3回すると怒りが収まる。
10回もし続けると身体のコンディションは変わってしまう。

あなたが整ってくるとあなたが害されるという事はなくなるのだ。
あなたは生き生きとした生命の塊になり、愛の波長が天界の香りとともにあなたの体の周りを見えない大きなシャボン玉のように包んでしまう。
天界というのは遠いところではなくあなたの心の故郷なのだ。
だから世にも美しい香りが「本当のあなた」から漂ってくるのだ。

あなたの地上の年令が何歳でもあなたの身体は天界の音楽を奏でる事が出来る。
生まれたての赤ちゃんは自由なおおらかな泣き声を上げて生命の響きを伝える。
あなたはソフィスティケートされた動きと言葉でさらなる魂の喜びを伝えることが出来るのだ。

肉体がチューンアップされていないとあなたはもどかしくなる。
「本当のあなた」を正確に表現したい。
あなたの動きは美しいのだ。
あなたの声は喜びを誘うのだ。
あなたの手さばきで今日もマジカルな作品が生まれるのだ。

一回肩にグッと力を入れてホーッと抜いてみよう。
両手をウ~ンと伸ばしてパッと力を抜いてみよう。

あなたの身体はあなたのサイズでいいのである。
「本当のあなた」が心地よい丁度良い高さと太さで良いのである。
テレビや雑誌に振り回される必要は無い。
あなたは絶妙な心のバランスと身体の健康を保つ事が出来るのである。
よその人が決めた外見の基準は一回外してしまおう。
「本当のあなた」が輝くことが先決なのだ。

鏡を見て確かめよう。
あなたの瞳は輝いているか?
肌に艶があるか?
内なるあなたが話しかけているような気がするか?

あなたの周りに光がチカチカしているだろうか?
周りの空気がホワッと暖かく感じられるだろうか?

身体は大切なのだ。
でも大切だから雨にも濡らさずしっかりしまっておきましょうという事ではない。
あなたの身体は「本当のあなた」の顕現として生き生きと生命の鼓動を伝える動きをしてくださるのだ。
だから活動している時さらに輝かしい。
仕事をバリバリこなしている人はすごく魅力的だ。

あなたはすごく魅力的だ。
自分を信じ、自分を大切にし、限りない能力を今日もまた世の中に提供するのだ。
発表に日がかかっても、今日の作業は最も大切なものだ。
すべてが「ひとつ」の中のことだ。

どうもありがとう!
この身体があってよかった!
今日もまたやりたい事が出来る!
  1. 2007/12/16(日) 22:18:00|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新種の大輪の花

c27.jpg


とてもスペシャルな日でも24時間経つとまた普通の日に戻ってしまう。

あなたは特別な日は最も輝く星になったように興奮するが、実は今日もまたとてもスペシャルな日を過ごせる。

毎日誰かの誕生日であり、毎日ステキな出会いが起っている。
不慮の事故が起ったように見えてもそのお陰で命の大切さを深く認識し、何かが動かなくなった時は知恵をめぐらせて新しい解決法に行き当たる。

指一本怪我しただけでどんなにその指の働きが大きなものであったかわかるのだ。
誰かが5分遅刻した時にその人が居なければ物事はスムーズに行かないのだと知る。

あなたは嘆くことにするか無視することにするか、それとも「これは何かの暗示だ、新しく啓ける!」と自分の世界の領土を開拓する事に使うか、いつでも簡単に選択できるのだ。
「おめでとう!」とプレゼントを手渡されている時だけがラッキーな幸せな日ではないのである。
その日は来る、そして去る。
しかし、「本当のあなた」の笑顔はいつも同じなのだ。

あなたは特別に選ばれて地球に生まれてきているのだ。
あなたの毎日は本当に貴重なのだ。
地球に誕生したがっている魂は羨ましくてヨダレをたらして下界を眺めているのだ。
あなたは見張られている!

愛する事を3次元の世界で顕すのが目的なのだ。
愛される事を五感と六感でしっかり体験するのがここでの目標だ。
「愛」がすべてを生み出すのを肉眼で確かめたくて来ているのだ。

大きな大きな愛である。
独り占めや奪い合いはもういらない。

こんな状況だったらあなたがどんな「愛」を発揮するだろうか、と特別なプログラムが組まれる。
あなたはさらに深く広く高く純粋な愛で美しく解決してしまう。

もうチョッと深くもうチョッと広く愛の工夫が必要な時、なんだか窮屈な頼りない状況におかれるのだが、そこでまた考えても見なかった知恵が生まれ愛の発言や行動がとれるのである。
あなたが悩んでいる時は愛のつぼみが膨らんでいる時だ。
花開く前にベストのコンディションを見極めているだけだ。
あなたの時間も労力も大きく開花された時にみんなが認めることになる。
大丈夫!
天界では旗を振って応援団が叫び声をあげている。
遠くから見ると問題点がはっきりわかるのだ。
あなたは自分を「本当の自分」からしっかり見直し、「本当の愛」の威力を信じなくてはならない。

花はある日突然咲くのではない。
種を蒔く、苗を育てる、毎日の日光と水の量の世話などなど、大きく咲いて人々に賛美される日々の数十倍の期間を準備に費やしているのだ。

あなたも毎日栄養を吸収し光を受け輝きを育て続ける。
賛美が続こうが誰もなにも褒めてくれなかろうが、あなたが美しく咲き続けるのはあなたが決めることだ。
「本当のあなた」が知っている。
あなたは愛の表現をし続けている。
そして変化し続けている。
大きく生長し続けている。

あなたを見下ろしている魂たちはあなたの人生が面白くて仕方が無い。
早く生まれ出てあなたと接したい。
あなたと愛を交歓したい。
あなたはすでに人気者なのだ。

あなたの涙も知っている。
あなたの悲しみも解っている。
何回も悔しくて情けなくて惨めでどうしようもなくなった事もチャンとお見通しだ。
それでいいのだ。
あなたは今もっと美しく光っているのだ。

あなたは「本当の愛」を諦めなかった。
必ず「本当の愛」が貫き通す事を信じていた。
あなたは真の勝利者だ。
微笑を失わずに生き抜いたのだ。

今日は辛かった過去に乾杯する日ではない。
これから始まる「本当の幸せ」に祝杯をあげる日だ。

天界の応援団はともかくも、地上にて真の仲間たちと手を取り合って暮らしていくのだ。
あなたと同じ考えの人は、そして同じく暗黒の中で虹色のオーラを絶やさず歩いていた人は何人もいるのである。

今日もあなたがあなたとして素晴らしく輝いているとその波長はどこまでも届くのである。
お互いにすごく見つけあうのが簡単になる。
今日はまたすごく大切な良い日だ。

あなたは仲間に囲まれている。
まだ見えなくても大丈夫!
あなたが一人ぼっちだった事は一度も無いのである。

そして今日また素晴らしい発見がある。
あなたの中に世にも珍しい特別なハートがある。
とてもユニークなのでその形を現実界に顕すのはあなたしか出来ないのだ。
新種の大輪の花が堂々と咲き誇る時が来たのだ。

その美しさで世の中がもっと喜びに満ちるのだ。
  1. 2007/12/16(日) 01:24:55|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

cover.jpg


"Cancun by Liyako"
写真と文:松田利也子
文芸社 ISBN#4-286-01191-7

愛、美、海、、、の本です。
年末のプレゼントなどに最適です。
ご一見いただければ光栄に思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4286011917/
  1. 2007/12/14(金) 23:47:21|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリア ビジョン

c26.jpg


もう少しだけ単純に考えてみよう。
もっと簡単でいいのだ。

色々な側面を考えなくてはならないのも最もだが、まず何が目標か何を達成するつもりで始めたのかしっかり原点に立ってみよう。

「愛」はひとつだ。
どの人にでも対応できるので愛とは形も色も言葉もその場に応じて変わってしまうのであるが、基は「ひとつ」なのだ。
あなたは「愛」がシンプルなものだとしっかり知る時が来た。
たった一つの無限に大きいものである。

言葉で知っているだけではダメだ。
それを生きる時が来たのだ。

解放や生長は怖い時もある。
今までの自分が変わってしまうのでHomeから離れてしまうのではないかと怖れるのだが、
あなたが自分のHomeとのつながりを切ってしまうことはありえない。
「愛」は大きいのであなたがいくら大きくなってもまだまださらに大きく包んでくれているのだ。

信じなくてはならない。
あなたは「本当の自分」の偉大さを心から信じなくてはならない。
崩れようの無い「まこと」を信じなくてはならない。
生命力を信じなくてはならない。

心の中は不安だらけです、という時でもそのずっと奥で輝いている清らかな光を観なければならない。
その美しさがあなたなのである。

新しい大きな家に移る時は家具や食器なども新調したいので古い家にあった生活用品はかなりしっかり整理してリサイクルしたり捨てたりしなくてはならない。
新生活に古びれた臭いカビの匂いのするものを持ち込みたくない。
でも長年慣れていたものはもう使わないと解っていても手放すのは辛い気がする。
火事や地震のため大急ぎで家を離れた場合は選択の余地が無い。
必要なもののみで新生活が始まる。

あなたは必要なものは全てあるのだと気がつく。
世の中は優しい。
人々は思いやりが深く暖かい。

こだわりを捨ててスッキリと始めよう。
もっと素直でいいのだ。
あっさりしていていいのだ。
あなたの素晴らしさが伝わるだけでいいのだ。

自分が自分の「本当の素晴らしさ」を確信する方が早道だ。
誰かが認めてくれるまで大声を出して走り回っているのではくたびれる。
あなたは素晴らしい。
もう確実に解っている事だ。
だから複雑に自分を作り上げなくても良いのだ。
どのように素晴らしいか延々と述べ続けなくてもいいのだ。
あなたの一言があなたの深さと大きさを伝える。

あなたの素晴らしさは隠さなくてもいいのだ。
もうバレているのだ。
あなたはスバラシイ!

「みんな観る目がない!」と嘆かなくても良いのだ。
あなたは自分の心の眼で「真の素晴らしさ」をチェックし続けるだけで良いのだ。
自惚れに変わってしまっていないか確認を入れてみるだけでいいのだ。
本当の素晴らしさに変わりは無いのだが、オブラートに包んで差し出していないか、余分に細工を施そうとしていないか、点検してみよう。
「本当のあなた」が登場していれば愛の波長だけがみなぎっているのだ。
間違いは起らない。

怯えなくてもよい。
ここはあなたの世界だ。
あなたは出発点なのだ。
あなたには力を与えられているのだ。
生きることの楽しさを今証明するのだ。
「本当のあなた」がいつも後ろで支えているのだ。

起承転結の4こまマンガでいいのだ。
スッキリ解りやすくていいのだ。
簡単で単純で明快でいいのだ。

「本当のあなた」がはっきり見えればいいのだ。
  1. 2007/12/14(金) 23:41:48|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

失敗は成功の基

c25.jpg


先日あるバザーで次男が中古のディズニー映画"Fantasia"を2ドルで購入した。
昨夜一緒に鑑賞する機会があった。

なんといっても面白いのは、水汲みの下働きをしている魔法使いの弟子のミッキーマウスが師匠の三角帽子をこっそりかぶり、魔法を使って箒に自分の仕事をさせ、夢を見ながら楽しんでいるうちに取り返しのつかない事になってしまうシーンだ。

魔法を使うのは楽しいがその止め方も収め方もしっかりマスターしてからでなくては危険である。

あなたにはとてつもない力が備わっている。
それを知り始めたとたんは「わぁ!あれも出来る、これも出来る!」と嬉しくなるのだが、力を把握した時にあなたは10歩後ろに引いてこの力の効用をしっかり見定めなくてはならない。

あなたはまず「すべて」を把握してから個々の状況に対応する事が出来る。
「こうなったらいいな~、、、」という一時的な逃避ではない。
そうなったらいいな、というよりも、「これが本当の姿である!」という苦しみや絶望感の無い調和の取れた喜びの世界をしっかり持って、個々の状況や人間をグンと引っ張りあげるのである。

あなたには無限の力が備わっているのであるが、実際に腕力を使わなくても良いのである。
あなたの満たされた幸福のバイブレーションが自動的に作動し始めるのだ。

あなたは美しく楽しい言葉を発するだけで良い。
身綺麗にして華麗な微笑を浮かべるだけで良い。
実労に当たっていても品の良いジョークで疲れがフッと消えるようなチャームを振りまくだけで良い。

箒に魔法をかけて自分の仕事をやらせなくても、さっさと仕事を済ませて楽しみの時間を充実させてしまったり、仕事自体に新しい観点を見出して楽しみに変えてしまうことが出来る。

あなたはなんでもできるのだ。
やっていないからなんでも出来る事を否定してしまう。
でも、やれば出来るのだ。
あなたはできる!

女性が冷たい川の水で洗濯しなくてもよくなった。
井戸から水を汲み上げて家まで運ばなくても水道の蛇口をひねればよくなった。
蛇口からお湯も出るようになった。
私たちは人間的に魔法を使っているのだ。
発明し開発し企画し実現してきた。

まだまだ現実の世界に自由と喜びと便利さが提供され続ける。
あなたも社会に楽しみや幸福感を増やし続ける。
「本当のあなた」から湧いてくる「知恵」がなんでも創りだせる。
そしてあなたの賢さは「すべて」をまず先に把握する事を知っているのだ。
「本当のあなた」は「すべて」なのだ。

"Fantasia"のミッキーマウスの失敗は私たちに素晴らしい見解を与えてくれた。
いつも立派な師匠が最後に登場してスッキリ収めてくれるとは期待できないので、見習いのうちはまずマスターする事だけに努めよう。

でも、あなたもミッキーマウスだった事がある。
失敗してヒヤッとしてもチャンと助けてもらえたことがある。
あなたはいつも守られていたのだ。
いつも大きく愛されているのだ。

あなたの次の行動はこの「愛」とともに活動する事だ。
ビギナーの平和主義者を本物に仕上げる事だ。
すべての人からキラキラの光を呼び起こす事だ。
輝かしい社会の中で生きることだ。

失敗は成功の基。
今度は大成功が待っている!
何世紀も待った甲斐があるような夢の世界が実現する!
  1. 2007/12/13(木) 23:10:21|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心を亡くす?

c24.jpg


心を亡くしているとき「忙しい」「忘れる」状態が生まれてくる。

あなたは時間的にそして量的にキツキツになって「本当の自分」をうっかり忘れてしまう。
忙しいのだからそんな事はやっている暇は無いと思ってしまう。
こういう時にこそ「あ、深呼吸をして自分に呼びかければいいのであった!」と思い起こそう。

どんなに忙しい時でも周りの勢いに流されてしまわない「本当の自分」がいるのである。
ペースを崩されないように自分だけ孤立しなさいと言うのでは無い。
チームワークの中でも不必要な神経の荒立ちを見抜いて「本当の調和」の中で行動することを優先するのだ。

時間が迫ってくると誰でも焦ってしまう。
大丈夫!
あなたのために最後の1時間が通常の10時間分の濃さで用意されている。
あなたが時間とは「今」だけなのだと把握した時、実際の時計はあなたの味方になるのだ。
全部完璧に終了する。

あまり涼しい顔をしているので周りの人が唖然としてしまうのだ。
「あの人はすることが少なかったのだろうか?」

あなたは何十倍もの働きをしているのだ。
そして「ここ」で、最も忙しい人々の中で「本当の自分」から出発して仕事に取り組んでいると自然に周りの人々に何層にも渡る強い影響を与えているのである。
あなたは「知恵」を使っているのだ。
より簡潔に無駄をはぶいた動作や伝達で何百倍もの量をこなしているのだ。
あなたが実践する事によって周りの人も何が無駄な事か言わずとも学んでしまうのである。

あなたの明るさは心が亡くなっても消えないのである。
あなたはピカピカの輝かしい魂なので明るさがなくなることはありえないのである。
あなたは純粋な反応で小さなジョークにもカラカラと大声で笑い緊張した場面を一瞬にして光の世界に変えてしまう。
たった一言でも、真っ暗闇の中で擦ったマッチの灯のように、明るさと暖かさを提供するとコロッと雰囲気が変わってしまうのだ。
だからあなたは懐に抱えている魔法の言葉を惜しみなく使うのだ。

一瞬にして大勢の人の唇に微笑を取り戻す事が出来るだろうか?
真一文字にキュッと結ばれた線が弓のように両頬まで伸び上がり緊張していた筋肉がほぐれる。
あなたの「真心」が今まで使ったことのない魔法を生み出しているのだ。
表面の心は忘れてしまっているようでも「真心」は「本当の自分」にしっかりつながっているのであなたは杖を振り回して愛のマジックを楽しむ事が出来る。

忙しくて心がここに無いと思った時には
「じゃあ、本当の自分に任せればいいんだ!」と決めてしまおう。
愚痴や悪口があなたから出てくる事は一切無くなる。
あなたからは素晴らしさしか出てこなくなる。
相手は褒められ、愛の波長を受け、さらに事が進む。
楽しさが増す。

万が一魔法の言葉をご存じない方がいらしたらひとつだけ最も強力な効果的なものをお教えしよう。
これは特に一番身近な人を変身させてしまう。

「どうも、ありがとう!」である。
  1. 2007/12/12(水) 20:04:23|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すべてうまく行く!

c23.jpg


あなたが恐る恐るでも自分の素晴らしさと豊かさを信じ笑顔を持って行動を始める時世の中が変わるのだ。

まだおっかなびっくりでも、「本当の愛」が自分の中に宿っており、いくらでも好きなだけ使っていいのだと自分が自分に”GO”サインを出した時に何重にもかかっていたカーテンがスースーッと次々に上がり眩しいくらいの明るさの中に登場してしまうのだ。
あなたは何も特別な事はしなくても良い。
ただ本当のあなたであれば良いのだ。

あなたは今まで自分では気が付かなかったが多大な影響を人々に与えて続けてきたのだ。
あなたが素直にもっと純真なあなたを前面に持ってきて対応すると同じ波長の人々はホッとしてやはり純粋な愛に満ちた反応を送り返してくれるのである。

「私と同じような人はここにもいたのだ、、、」

心の中の事は空の天気と同じだ。
心配している時は曇っているように見える。
でも太陽の輝きはいつも同じなのだ。
あなたの魂に天気予報は無い。
いつも最も美しく輝いている。

あなたが忘れている時でも寝ているときでも輝いているのだ。
そして響いている。

輝きも響きも途中で吸収してしまうものがあると遠くまで伝わらない。
あなたが心に霧をかけてはせっかくの輝きも響きもそこまでで外まで出てこなくなってしまう。

心配や恐怖感は霧を濃くしてしまう。
チョッと先も見えない。

霧には正体がない。
あなたは「本当のあなた」を持っている。
あなたは「本当の愛」そのものである。
心の霧を晴らすにはただ「私の魂の輝きを邪魔立てするものは無い!」と言い切ってしまえばいいだけだ。
もっと簡単なのは「すべてうまく行く!」と宣言してしまう事だ。
そしてしなければならない事を始める。
心配している間に楽しみは生み出せない。
恐怖感からは良い事は生まれない。
計画を進めたかったらまず「本当の自分」を信じて行動しよう。

正体のないものに時間をかけては勿体ない。
あなたの時間は貴重なのである。
あなたが自分は世界で唯一の最も貴重な存在であり一秒たりとも不安感に力を奪われては損だとはっきり悟った時、善の行動が始まる。

それがたとえ夕食の調理に取り掛かることだとしてもその時生み出された一品は「愛」を食するすべての人に伝え楽しい笑顔を生み出すのである。

あなたはプロデゥーサーなのだ。
常に創りだしているのだ。
あなたの指に触れるものは黄金に化してしまうようだ。
それ以上のものだ。
あなたの輝きは透明であり鮮やかな虹色であり、あなたの響きは無音でありながら天女の歌声のように清らかで滑らかな波長なのだ。

あなたは不安がったり恐怖心を持ったりしなくてよいのだ。
どんな状態にあってもまだまだビックリするような切り札があるのだ。
あなたは持っているのだ。
与えられているのだ。
恵まれているのだ。
今日まで気がつかなかったのは、こんなどんでん返しがしてみたかったので思い立つのを少し遅らせていただけだ。
でももう大丈夫!
ドラマチックな瞬間を狙わなくてもあなたは素直なあなたを出していいのだ。

あなたは守られている。
純粋さを出したら怖いと思っていたが、あなたの本当の善さは待たれていたのである。
すべてうまく行く!
絶対に大丈夫!

あなたの笑顔は冷たい風も吹く方向を変えてしまうほどのパワーがあるのだが、
あなたはただ本当の自分らしく微笑んでいるだけなのである。

あなたが居てよかった!
  1. 2007/12/10(月) 09:41:32|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

到着地点

c22.jpg


例えば大型長距離バスの運転手が「自分は大変な労力を使って働いているのに乗客はグーグー寝ている!」と自分の働きぶりが評価されてないと嘆いたらどうであろうか?

あなたはたった一人で皆の安全な運行を責任持って遂行する事もあるが、その働き振りが優れていれば優れているほど安らぎと確実な到着地点を難なく提供してしまうので一体何がどうであったのか途中の事は誰にも解らないままになってしまう。
しかし、「本当のあなた」と現在のあなたは知っているのだし、到着した時目覚めた人の中に必ず一瞬であなたの密度の濃い念入りな心のこもった働きを見抜くことが出来る人が出てくる。

あなたは皆が安心して頼れる存在であり、それが次に到着地点に導く者たちの手本になる。
真似をして欲しいからやっているのではない。
あなたには使命感があり自分の才能を尽くして暗い中をより難なく安堵感を提供しながら移行してきたのだ。

あなたは「光」を観ることが出来る。
「本当の愛」を映し出すことができる。
繊細な微妙な動作で広く大きな自然界を動かしている「知恵」を示す事が出来る。

どのような人でも大切に安全に運んであげたい。

運転席には他からは見えない景色が目に入る。
先が暗がりでも小さな光しか見えなくても到着地点は間違わない自信がある。
いざハンドルを握った時には目標はチャンと安全に確実に着くことである。
そのほかの理屈は要らない、不必要なブレーキは踏まなくて良い。
あなたに任されている事は自信を持って前に進むことだ。

途中一回休憩を取って大きな伸びをして、また出発だ。

あなたが疑わずに自分に自信を持って進む時、大勢の人々が安心して素晴らしい明日に到着する。
眼も覚めるような美しい景色の平和な世の中に降り立つ。
あなたの働きは振り返ったときにさらに深く評価される。
あのような難しい道を誰にも気付かせずにスイスイと運んで来る事が出来たのはどうしてであろうか?

あなたはあなたの輝きを信じたのだ。
同じ光がいつでもガイドしてくれ、道に迷う事がないと信じたのだ。
チャンと導かれている事を疑わなかったのだ。
時間も距離もあなたの手中にあったのだ。

皆が無事に笑顔で到着する事が何より嬉しいのだ。
「ここか!」と歓喜の声をあげて飛び出していくのを観たかったのだ。

あなたは讃えられる。
あなたの仕事は大きいものだった。
その報酬が与えられる。
「平和」も「愛」も「光」もあなたのものだ。

距離が長くて暗かったように見えても着いてしまえばそれだけだ。
大丈夫!
あなたには暗すぎる道も長すぎる夜もないのだ。
寂しさも疲れもないのだ。

まだわかっていない人は、本当にもう少しでわかる!
あなたはやり抜き、到達する!
  1. 2007/12/09(日) 09:53:52|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平和なあなた

c21.jpg


自信を持って創造する。
「本当の自分」から現実の世界に顕す。

それがたった一言の言葉でも、世界最大の建築物でも、あなたが取り組む事は魂から発する情熱を持って成される事だ。

一言発したために結びつきが生まれる。
本心から言ってみて善かった、とホッと胸をなでおろす。
真心のこもった言葉は愛の響きを残す。
きっと一生覚えていてくれるだろう。

過去生催眠などで何千年前の会話を呼び起こした人たちもいるくらいなのだから、今日発する言葉は大切に選ばなくてはならない。
何かきついことを言いたくなったらまず紙に書いて燃やしてから実際の相手に言葉をかけよう。
あなたは優しい言葉をかけて欲しい。
だからあなたがまず優しい言葉を使うのだ。

あなたは創造主なのだ。
あなたが思いついた事は現実になって現れてくる。
創りだしてしまう事が本当に喜ばしいことばかりにしたかったら、頭の中の言葉も、心の中の言葉も善い語彙だけで埋まるようにしよう。
悪感情だと思う事は深呼吸を繰り返して外に出してしまおう。

あなたの中の「本当のあなた」はいつも新鮮なのだ。
古く溜まってしまっているものは何もない。
だからあなたは直ぐにリフレッシュできるのだ。

過去は捨てられないと思っても、過去から学び取るものだけよく見つめてみよう。
戦いからは平和は作り出せなかった。
だから戦いは平和の親ではない。
平和の親は平和である。

あなたは「平和!」と心の中で叫ぶ!
「本当の平和」が奥のほうから湧き出てくる。
「そうか、平和とはこんな感じか!」と解ったら創造主であるあなたは平和な状態を直ぐに顕現してしまう。
理屈は要らない、ただ平和に染まってしまってから平和の中で発言し行動する。

あなたと付き合いを続けたい人々はあなたに協調するしかコミュニケーションの取り方がなくなる。
平和なやり取りをし始めなくてはならないと悟る。

あなたは「平和」を創りだしているのだが、ただそのままのあなたで居るだけなのだ。
情熱に燃えているのに穏やかで美しい。

あなたの自信は甦ったのだ。
あなたは混乱しているように見える世の中で「本当のあなた」と世の人の波長が合わずに苦しんでいたのだ。
でも今「本当のあなた」の素晴らしさと美しさを持って接しても大丈夫なのだと解ったので自分をもう一度信じて良いのだと確信できたのだ。
あなたの真の輝きは否定できないものだとあなた自身が認めるときが来たのだ。

創りだすことが出来る。
あなたはなんでもできる。
より大きな深い愛を呼び寄せる事も出来る。
あなたと波長の合うものだからである。

独りよがりは長いこと続かない。
一人ぼっちの深い愛というのも成り立たない。
どこかおかしい時は必ず修正の機会が訪れてくる。
あなたは見直してさらに大きく進むチャンスを与えられる。
あなたは「平和」にホームベースを置いているのだから争いは避けるのが賢明なことを知っている。
「本当の愛」には敵が居ないのである。
誰でも「本当の愛」が大好きなのだ。

誰でもあなたが大好きなのだ。
あなたは暖かく優しい、美しく賢い。

粋なジョークで笑いを誘い出している時、平和の鐘は鳴り響いているのである。
  1. 2007/12/07(金) 23:32:21|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

c20.jpg


冬に温度がぐっと下がる地方にお住まいの方は寒さが「知恵」を呼び起こしてくれる事を知っている。
厳しい長い冬にいかに温かく賢く能率的に過ごす事が出来るか、人類は次々に素晴らしいアイディアを生み続けてきた。

経済的に懐に冬のような冷たい風が吹いている時も、今まで考え付かなかったような世の中のお金の流れのシステムの発見や、自分の経済観念の見直しや、無料で楽しめる娯楽や、使いまわしの大切さなど、「知恵」によって生まれてくる新しい道が開ける。
「生かされている」ということの発見にもつながるのだ。

冷たさは温かさを呼び起こすのだ。
寒い外から帰ってくる人を暖めてあげようと準備が始まる。
ふるさとに戻り心もホッと温まる。

暖かい、もしくは暑い地方に住んでいらっしゃる方でも心が冷える時はあるのだ。
自分を見失っていると何人の人に囲まれていても寂しく辛くて耐えられない思いをする。

心を暖めることが出来るのは「愛」である。
そして「知恵」を持って行動が始まる。
本当にホカホカと丸く満たされた心はあなたが「本当の愛」にドアを開いた瞬間に存在する。
固く重いドアを開けるという行動をとらなくてはならない。
あなたがしなくてはならないのはそれだけだ。

あなたの心のドアは内側からしか開かないようになっている。
天岩戸のようなものだ。
「もうこの世界とは関わりたくない!」とピシッと閉めていたのではあなたの光が世の中に流れる機会がなくなってしまう。
外からは呼びかけることしか出来ないのだ。

あなたは「本当のあなた」にしっかり守られている。
深い広い崇高なあなたは導かれている。
簡単に浅いところに答えを見出そうとしているときは現象の世界では騙されたり欺かれたりしてしまうように見えるが、あなたが「本当のあなた」を認識し自分の大きさを把握し始めると目に入ってくる世界が変わってしまうのである。

初めは恐る恐るであっても、今までの自分ではない「真」に一致した言葉や行動をとり始めると見る見る周りの反応が変わってしまうのである。
冷たい暗い冬のような状態は試練に見えたが、この新しいあなたを生み出すための大切な準備期間であった。
冬眠していたように見えても内側の生長度と充実感はこれからはっきりと形になって現れるのだ。
もう心の中は「愛」と「知恵」で一杯なのだ。
現実の世界での応用編が始まるだけだ。

冷たさを感じたら、その奥に誰でも持っている燃え盛る情熱の炎を呼び起こさなくてはならない。
意気揚々と進んでる時にピシャッと冷たい水をかけられるような困難に遭遇したことが過去にあったとしても今度は大丈夫だ。
あなたはより深くあなたの信念によって動かされているのだ。
あなたの「まこと」が世の中の暖かい光となるのである。
そして厳しい寒さを超える知恵はただ寒さしのぎのためだけではなく次に訪れる暖かい春の準備であったことが解る。

無駄な時間は無かった。
あなたはもっと生長していたのだ。
眼を閉じて「本当の自分」に抱擁されている自分を観よう。
色も形もないものであるが、あなたはしっかり抱かれているのだ。
その時の暖かさは喩えようもないものだ。

冬を恐れたり嫌がる必要は無い。
あなたは常時平穏な素晴らしい輝ける魂なのだ。
エネルギーに満ちている。
新しい動力はどこからでも生まれてくる。
あなたが世界の発動源になる。

そしていつも「すべて」とつながっている。
  1. 2007/12/06(木) 22:50:43|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も輝く

c19.jpg


あなたはあなたなのだ。
あなたの素晴らしさを解ってもらえない時でもあなたの素晴らしさは消えてしまっているのでは無い。
時によっては、あなたの心の広さや大きさが全く測れないものなので相手が困惑してしまうのだ。
解らないものに対応しなくてはならないとき、人は出来るだけ関わらずに済まそうとしたり、なるべく話を小さくまとめて自分の管理できる範囲に抑えようとしてしまう。

あなたは軽視されたと思ったり卑下されて扱われたと感じたとき実はあなたの大きさや深さがものを言っているからなのだと認識しなくてはならない。
これはただの独りよがりではない。

極単純な例では、
全く自分の素晴らしさに気がついていない男性がいたとして「自分は容姿も才能も大した事ない、、」と思いこんでいるとしよう。
そこに円満な心を持った最も容姿端麗で頭脳明晰な女性が通りかかり華やかな笑顔で彼に挨拶をする。
彼は一体どうしていいか解らず顔をこわばらせたまま素通りしてしまう。
この女性は「無視された、挨拶が無駄になった、、」と思うだろうか?

あなたはみんな誰でも素晴らしいことを知っている。
まだスッキリと表に顕れていないだけだ。
同じだけの「愛」の交流がないように見えて寂しい思いをしたとしてもあなたが自分の「本当の姿」を信じあなたはあなたでいることをしっかり続けなくてはならない。
「本当の自分」を顕し続けるとはどういうことなのか前例を作り続けるのである。

あなたは「本当の自分」の中から「本当の調和」とは何かを引き出す。
誰かが、もしくは誰かの本当の善さが押さえつけられているところに「本当の調和」は成り立たない。
才能は比べるものでもひけらかす物でもない。
発揮するものだ。
自由に自分を表現する中で「調和」が確立し始めるのだ。
独りよがりの活動に周りを賛同させようとしてもどこかで壁に当たる。

あなたは求められ受け入れられる。
あなたの本質的な輝きが「調和」に命を与える。
誰ももう怖がったり無視したり出来ないのだ。
あなたの存在は中心であり「全」である。
個性的であると同時にすべてに溶け込む存在なのだ。

もう一度あなたの大きさを確認しよう。
大きく伸びをして体の細胞全部に新しい酸素を送り込もう。
「大の字」になって宇宙とも地平線とも大地とも一体になろう。
あなたは限りなく大きい。

「調和」とは無限に広がるものである。
暖かく大きいものだ。
ホッとできるものだ。
安心できるのだ。
包まれてつながっている。

大丈夫!
あなたは誤解されてチョッと悲しく思っても長い深い眼で観ている「本当のあなた」から観ると全く平和で一体の存在なのだ。
今日はまだわからない大きさで愛されているのである。
もっともっと壁が崩れ広大な景色が展開されるのである。
初めから広すぎるとなんだか大変なので、次の段階に進む時にドッと拓けるようになっているのだ。

あなたの明るさが眩しすぎて眼を閉じてしまう人がいたとしても、眼は段々慣れてきてその明るさを観ても平気になるのだ。
だからあなたが発光するのを止める必要は無い。
「光」そのもののあなたが輝くのをやめる事は出来ない。

あなたの優しさも美しさも賢さも尊さも「本当のあなた」から噴出してくる。
あなたはあなたなのだ。
それでいいのだ。
今日も輝くしか他に生き方がないのだ。
  1. 2007/12/05(水) 22:53:18|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3秒でも

c18.jpg


「本当の愛」を持って行動しているとき周りと歪が出来てしまうように見えるときがある。
あなたは自分を見失わず「本当の愛」とだけやり取りをしなくてはならない。
優しそうな言葉や一息つけそうな情況を与えられても、そして本当に疲れているので少しは休みたくなっても、「本当の愛」に一致しないものに身を任せてはいけないのだ。

もしかしてあなたの目標とするところを理解されないまま1年、3年、5年と過ぎてしまっても、ついに「そうか、本当の愛を貫くとはそういうことか!」と人々を大きく動かす日が来るのだ。
その間の毎日の生き様がものを言うのである。

疲れたら自分の中の心の故郷に戻る。
最も清らかで暖かい愛と光が待ち受けてくれている。
知恵の泉で心を潤す。
時間と空間を一旦切り離して「本当の自分」の美しさと素晴らしさを味わおう。

表面の世界では人々の理解の幅や深さが異なる。
しかし、「真」だけの世界ではすべては最も清らかな「本当の愛」なのである。
あなたは愛し愛されている時に一番の威力を発揮できるのだ。

自然に愛し、自由に愛され、
鳥のように魚のように輝かしい夢と現実の中を巡り回る。

家庭でも仕事場でも社交の場でも、いつもと同じ動作を行なっているあなたが輝き始めるのだ。
同じ事が新鮮に溌剌と出来る。
一つ一つ、一人一人、貴重に扱う。
あなたもあなたを非常に大切に扱うのだ。

あなたはあなたを使い捨ての状態にしてはいけない。
いくらでもあるのだと、自分の時間と才能を安く扱ってはいけない。
無料奉仕するのでも同じ事だ。
あなたは「本当の愛」を分かち合っているのだから、タダなのだからどうでもいい、という態度をとったりとられたりしてはいけない。
あなたの価値は唯一のものなのである。

今日、本当に素晴らしいあなたにもう一度出会おう。
もう知っている、と思ってもさらなる美しさと輝きを観よう。
こだわっていた事がもうひとつ解ける。

忙しい時にさらに「本当の自分」を呼び起こす訓練をしよう。
3秒でも「本当の自分は愛そのものなのだ!」と呼びかける時間をとろう。

あなたの今日の努力は重厚な心の栄養剤となって明日のあなたをより大きく育てているのだ。
自分を信じよう。

重苦しかった年が明け、想像もつかなかった素晴らしい世界が繰り広げられるのはもうホンの数日の辛抱だ。
「本当のあなた」が堂々と道を歩ける時が来ているのである。

愛と喜びを気兼ねなく分かち合える日はもう直ぐそこに迫っている!
  1. 2007/12/04(火) 22:44:16|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

One

c17.jpg


1÷8=1/8
といきなり書いてあってもなんだか解らない。
大きなピザパイがあって8人の子供に等分に与えるのです、一人分は初めの大きいパイから見ると八分の一の量になります、と説明を受けると具体的に納得できる。

しかし、ピザのない地方だとケーキとか何かもっと身近な食べたいものに置き換えなくてはならない。
親近感がないと遠いところで起っている話題だと思って1÷8から出てくる分数は全体が「一」であるところと実際の自分が与えられている分量の相対性が掴みにくい。

数々の教えとはその時代のその民族の状況に浸透しやすい解き方をされているので、古代の善き先導者は身近な生活の中から例を汲まれて説かれている。
みんなその時の自分の言語を使って生活状況を織り交ぜてお話されたのである。

表面の規約やしきたりを超えて本当の内容を把握するように努めなくてはならない。
数字だけの計算式に戻るとスッキリするのだが、それだけでは何に応用していいのかわからない。
実際の生活に役立たなくてはならない。
「私は分数はもう理解しているから説明は要らないのだ。」という所まで行ったら、今度は何通りに具体例で易しく説明できるか試してみよう。

もとは「ひとつ」なのだ。
しかし、表現の仕方が無限に広がる。
線も八分の一になるし、球も八分の一になる。
立方体も何もかも1/8になる。
ひとかけらのピザの世界ではなくなる。

生命体は「ひとつ」だ。
しかし形は無い。
だから等分は出来ない。
一人一人「すべて」なのだ。
同時に存在してシェアしあっているのに「今」のなかで「ひとつ」なのだ。

あなたは何十何億分の一という存在であって、同時に「一」つまり全体なのだ。

なんだかよく解らない。
そこで身近な例で話し始める。
話し始めると尽きないのである。
永遠にどこまでも「ひとつ」なので終わりがないのだ。

それで、「じゃあ、ひとつの言葉にしぼってみよう。」という事になる。
「愛」をとってみるとまた終わりのない話しになってしまう。
「知恵」にしてみても永遠に完璧に説明できないまま続いてしまう。

「あなた」に関しては永久に語りつくせない未知の世界に発展してしまう。
だからあなたはあなたに永遠に魅了されているのだ。
未知数のあなたを分解は出来ない。
あなたの愛を何分の一かに分けても、たとえ配偶者と子供と生徒と仲間と親友たちに分け与えたとしても、一人一人は「すべて」を受け取ることになるのだ。
あなたは永遠の無限の存在なのであなたが発する愛は一瞬にして「全体である一」になってしまうのである。

そしてまた「一」から始める。

あなたはあなたに戻りまたそこから出発する。
あなたが戻るところは「すべて」なのだがそれではなんだか大きすぎてほっとできない気がするので「本当のあなた」の住処であるプライバシーの守れる心の故郷で一呼吸入れる。

そして家族の一員であり、会社の従業員であり、学校の生徒であり、チームの一部であるあなたを顕現する。
同時に「すべて」であるあなたが活躍できる。

「どうも割り切れない、自分のことを知ろうとすればするほどもっと深く広がってしまう、、」と悩まれている方はかなり優等である。
大宇宙を八文の一に分けようとしても出来ないので、「本当のあなた」も理屈では説明しつくせないのだ。

あなたは"One"である。
全体である。
「ひとつ」の存在である。
  1. 2007/12/03(月) 01:04:38|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観点

c16.jpg


アルバート ワトソン氏は生まれたときから左目の視力しかなかった。
現在彼は商業写真とTVコマーシャルを含む映像作家、そして世界の美術館に収集されている芸術写真家として断然トップの座にある。
彼には枠やこだわりがないのだ。
ひとつの仕事から得たものを次の仕事に生かす。
映画スターを撮っている時に学んだ事が次の自然界の描写に繁栄する。
技術的なことをあることから吸収し精神的なことを違う体験から磨き上げる。
常に新しく美しく前例のない作品を発表されているのである。

人工的に作り上げられるメイクアップと衣装の世界も、
その土地から生まれ出てくる自然の塗料に化粧された顔も、
真の美と奥底に流れている生命の輝きを彼が一瞬にして作品にしてしまうのである。

私が日本人だと伝えると、「日本語は世界で一番難しい言葉だ。」と興奮して話し始められた。
「なんであんなに込み入った文字をチャンとみんな書けるようになるのか?憶えるのは大変ではなかったのか?」と真面目に問われるのである。
「日本では子供はみんな日本語を毎日習うので別に難しくなかったです。」とお答えするしかなかった。
他に勉強の仕様がないのだ、日本では日本語をみんなが習う。
それでも彼にとっては未知の世界なのでその瞬間興味を持った事は少年のように純粋に関心を寄せられる。
そのエネルギーが60代になってもさらに鋭い切り口を見せながら全てを暖かく包むような素晴らしい作品を創りだしているのだ。


あなたが今何歳でもどこにいても何に興味を持っても全てあなたのエネルギーの補給になってしまうのだ。
あなたは深く大きいのだが軽く柔らかくいつでも現象の奥の「真の美」に目を向け、生き生きとした生命力を認識する事が出来る。

だから、何かのまたは誰かの美を絶賛している時あなた自身が最も輝くことになるのだ。
あなたは自然界の美ともハリウッド・スターの輝きとも一体になってしまうのだ。

イメージから音楽が湧き上がる。
あるセンセーションが形になる。
キラメキが文字になる。
世の中が提供してくれる全てのものがあなたの創り出す作品の素材になってしまう。
あなたの今日発する言葉の土台になってしまう。

あなたはどの瞬間も「美」に変えてしまうことが出来るのだ。
偶然に出来上がったものも、計算しつくされて作り上げられたものも、あなたはその根底に流れる永遠の生命の魅惑的なバリエーションを「本当のあなた」の眼によって楽しむ事が出来るのである。

あなたはあなたのどの時間も楽しむことが出来る。
悲しい日々を思い出しているときにふと流れ出た涙の一粒があなたの純粋さの証明だ。
思い出のアルバムが笑顔の写真ばかりにあふれていなくても、あなたの人生の豊かさは今のあなたが充分味わう事ができる。

あなたは新しい。
今日もフレッシュな一日だ。
純粋に感激する。
あなたのみの発見がある。

他の国では当たり前になっていることでも今日のあなたが不思議を感じて興味の眼を向けることが肝心なのだ。
あなたはいくらでも発掘する事が出来る。
あなたの人生をどのようにデザインする事も出来るのだ。

あなたに境界線を作ってしまっているのはあなたなのだ。
あなたが外すことが出来る。
もっと自由でいいのだ。
もっと「美」を味わっていいのだ。

世界を賞賛していいのだ。
思いつく限りの賛辞を送っているあなたはいつの間にか「美」そのものになってしまうのだ。
「ひとつ」という頂点に立ってしまうのだ。

あなたの素晴らしさはいつの間にか伝説のように広まり始める。
まだ生きているのに古代からある夢物語のようなインパクトを与えてしまうのだ。

眼は大きく広く開こう。
もっと全体を観よう。
全体の中の一人であったあなたは出発点になってしまう。
あなたから始まるのだ。

堂々と「本当のあなた」を生きよう。
あなたには全世界が与えられているのである!
  1. 2007/12/01(土) 23:24:58|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍:

『りやこのメッセージ』『利也子の日記 1』

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

http://liyako.weebly.com/healing.html

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する