利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

虹を見上げて

c66.jpg

さて、では一回大きく深呼吸して「愛」について考えてみよう。

「本当の愛」は間違わないのであるから、チャンと伝わるはずだし、幸福をもたらすはずである。
「本当の愛」は誰をも傷つけることはないはずだ、でも、なんだか自分が傷ついている感じがする。
何がどうなってこんな状態になってしまっているのだろうか?

もう一回深呼吸をしてみよう。

あなたは何を期待しているのか?
自分が発信している愛と同じだけの愛が生み出す状況が自分を取り巻くはずだと思っているのだろうか?
それとも「この辺で自分もしっかり愛されているという確信が得られるはずだ。」とご褒美や認定書を待っているのだろうか?

さらにもう一回大きく呼吸を繰り返してみよう。

あなたはあなたなのだ。
そして対象になっている人や物事はそれぞれ特徴や性質を持っている。
同じ量のメールや電話が返ってこなくても、聞きたいと思っている優しい言葉や態度を顕してもらえなくても、「本当の愛」が通っていないということにはならないのだ。
べたべた仲良くしている状態が「本当の愛」ではないのだ。

ある時、心の底からある人のことを思いやり、何らかの行動を起こして次の日には忘れてしまったとしよう。
「本当の愛」は時間も空間も超えるものであるから、つまりいつも「今」「ここ」で息づいているものであるから、結果が何年か先に顕れるように見えようとも、すでに「今」「ここ」で成り立っているのだ。

その成り立ち方が自分の思った通りでなくても、「本当の愛」に任せておけばいいのである。
あなたの方の心の目がさらに大きく明るく、縛りやこだわりのないものになっているかが問題なのだ。

あなたはこの世の中でたった一人しかいない貴重な人間なのである。
そして相手もまったく同じく本当にユニークでスペシャルな存在なのだ。
普通こういう時はこうなるはずだ、という常識は生活の中では大切であるが、大切な人間や新しいプロジェクトを判断する中では邪魔になるのである。

自分が「本当の自分」に正直に対応しているかが重要なのだ。
目の前に繰り広げられる現象はあなたの心模様なのだ。
どうも思わしくないと思ったら、もっと純粋な「本当のあなた」を呼び起こさなくてはならない。
現象界がのろのろと動いているように見えても必ずあなたの好ましい状態に向かって進んでいるのであるから、あなたがしっかりし続けなくてはならないことは「本当の自分」を信じ、自分の中の愛・美・知恵・真・調和を絶対に崩さないことだ。

あなたはやり通すことが出来るので生命を貰い受けて誕生したのだ。
あなたは「愛」そのものなのだ。
本当に愛することはあなたの使命なのだ。

あなたには無限の能力があるのだ。
清らかな美しい魂があなたに泉のようにいつでもどこでも溢れるほどの「知恵」を提供し続けているのだ。

怖がらなくてもいいのだ。
あなたには仲間がたくさんいるのだ。
そしてあなたの本当の強さと逞しさは誰からも感謝されるのだ。
あなたは最も優しく雅やかな態度で接していても勇敢に事を成し遂げてしまうのだ。
あなたの底力は物を跳ね飛ばすような怪力パワーではなく、固体を一瞬にして気体に変えてしまうような摩訶不思議なエネルギーなのである。
ポワンとセンセーションを感じて、場面が転回してしまうのだ。

大きく深く「本当の愛」を吸い込んで、
偽物は全部吐き出してしまおう。

無理に愛さなくてもいいのである。
あなたは「愛」そのものなので、あなたが自然にしたくなる行動を取ればいいのである。
相手からも自然発生的に答えが帰ってくるのだ。

あなたが「本当の自分」に戻ってあなたらしく振舞えるようになることが大切なのだ。
心底自分が好きになって自分の善さを世の中に提供できることが大切なのだ。
自分を疑いながら他の人には完璧さを要求するわけには行かない。

あなたはもっと愛されていいのだ。
「本当のあなた」はあなたを「愛」で一部の隙も無く取り巻いているのだ。
生きる力も知恵もすでに与えられているのだ。
あなたが落ち着いて自分の中でたっぷり必要なものを補給して3次元世界に戻ってくることが必要なのだ。

すべての答えはあなたの中にあるのだ!

もし、愛が足りなくてカラカラに乾いてしまったような感じを受け取ったら、愛の雲を呼び起こし、愛の夕立でビショビショにしてしまおう。

鮮やかな大きな虹を見上げながら、
「何だすべて夢のように美しいのか、、、」とため息でもついて、
また始めよう!

スポンサーサイト
  1. 2008/07/24(木) 21:49:46|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金メダル

c65.jpg


「愛」を表現するときがきた。
善い言葉をたくさん使うときが訪れたのだ。

気高く清らかで美しい態度だけとる人の前では荒くれ者でも膝を正してなるべく知っている限りの礼を尽くして対応するように、
いつもいつも日常生活で正しく明るい言葉と態度を貫いている人の前には不釣合いなものが現れなくなるのだ。

これはお行儀を知らずに育った人を蔑むとか、暖かい柔らかい言葉を使わずに過ごしている人を軽蔑しようということではない。
隠れていた「本当の魂の輝き」に相応しい対応をしてもらったときに気高い命の波長が伸び伸びと活躍し始めることが出来るので、まずもう気がついているあなたが素晴らしい言葉と態度を貫かなくてはならないのだ。

喜びは伝えよう。
感謝の気持ちを大きく現そう。
身近な人に丁寧な表現を使おう。

あなたは「愛」そのものなのである。
「本当の愛」なのである。
最も美しく清らかで純粋なのである。
「本当の愛」はすべての産みの親なので何よりも大きいのである。
だから逞しいものなのである。
でも、優しくて柔らかで心地の良いものなのである。

まず、あなたがあなたに感謝して、感謝したり感謝されたりすることに慣れよう。
あなたは祝福される存在なのだ。
とてもよくやっている。
がんばっている。

「ありがとう。よくやっているね。」と自分に話しかけてみよう。
あなたは本当に素晴らしい働きを続けているのだ。
あなたがあなたを抱きしめて思いっきり暖かさと優しさを充満させよう。

しっかり「愛」に満たされる感覚が浸透したら誰を愛しても不安はなくなるのだ。
この分の見返りはあるのだろうか?という心配はない。
あなたが「本当の愛」そのものであるので、「愛」が止まるということはないのだ。

人間社会の中では離れたり別れたり状況が変わることが常なのだが、
あなたが本当に「真の自分」から接しているときはその後何が起ころうと心配しなくてよいのだ。
今出来ることを今しよう。
出来ないこと、してあげられないことをくよくよ悩んではいけない。
あなたは現在本当によくやっているのだ。
そして本当に出来ることならやるのだから、出来ないことを列挙して自分を責めてはいけない。

今簡単に出来ることは善い言葉だけ使うことだ。
そして今日はもう一回だけ多く使ってみよう。
褒めてみよう。
慰めてみよう。
与えてみよう。
力つけてみよう。
支えてみよう。

あなたは「本当のあなた」に抱きしめられる。
「よくやったね! 素晴らしかった!」としっかり認められるのだ。
この感触は伝わるのだ。
あなたの本音は響き渡るのだ。
天楽の様に誰の耳にも心地よく鳴り渡るのだ。

ちゃんと伝わるのだ。
だから、あなたは素晴らしいあなたで居ることを辞めてはいけない。
疲れを知らない、恐怖心のない、「本当のあなた」を呼び起こして、最も美しく優雅でいながらチャーミングなジョークで笑いを誘う魅力的なあなたを生かさなければいけない。

愚痴を言いたくなったら紙に書いて燃やしてからにしよう。
心の中のモヤモヤはただのモヤモヤだ。
あなたの本心ではない。
あなたの本心は誰もが幸せになって欲しいということだ。
あなたの幸せは約束されている。
あなたが善い言葉を使いまくっているときにそれが解かる。

美しいあなた。
素晴らしいあなた。
優しいあなた。
逞しいあなた。
自由なあなた。

本当に毎日よくやっている!
あなたがあなたに金メダルを授与する時が来た!
あなたはメダリストなのだから堂々と周りに微笑みかけることが出来る。
「愛」を振りまく事が出来る!

あなたは素晴らしい!
今あなたは本当に祝福されているのだ!

  1. 2008/07/10(木) 21:29:28|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嫉妬

c59.jpg

嫉妬
焼きもち
ジェラシー

人間の持っている感情の一部である。
ムクムクと育ってしまうとオセロのように人命を奪ってしまうことになる。
アナキン・スカイウォーカーのように悪の代表格になってしまう。

私はあっさりしているのでそんな感情は持ち合わせない、と思われるかもしれないが、
嫉妬心は恋人同士や人間関係から発するとは限られていない。
もっとチョクチョク仕事場や家族の間でも感じられるものである。
道を歩いていてもテレビや雑誌を観ていても湧き上がってくる。

一回何かで嫉妬心が振り動かされると心の中に小さい蜘蛛の巣のような物が出来、その後似たような感情が起こるたびにその粘々した網のようなものがキャッチし次々同じ場所に感情を溜めはじめてしまう。

一個一個取り除こうと思っても、なんだかあれもこれもくっついて居るのである。

スッキリと全部取れてしまう日が来るのを知ろう!

あなたの本心は「真の愛」とつながっており、「本当の愛」はただ愛することだけが本能なのであるから、今日明日の心の揺れと、「本当の自分」が放出している光はまったく違う波長であることを知ろう。
光が差したときに薄暗かった部屋の隅に蜘蛛の巣が張っているのを見つける。
「あら、いつの間に、、」と驚くのだが、気がついたら掃除してしまえばいいのだ。
見つけたときに取り去ればいいし、今後は明るさを保てばどんなに小さいゴミでもすぐに目に入り清掃できるようになる。

大掃除をした後でもやはり毎日か、毎週か、毎月、部屋の掃除は続けるのであるから、心の掃除もたまには少し時間を割いて続けよう。
「あ、こんなのがあった、、」と、思いがけぬ自分の感情を見つけても自分を責めずにさっさともっと明るさを取り入れ、汚いと思われる部分を掃き捨てればいいのである。
あなたはさらに綺麗になるのだ。
「本当の自分」にぐっと近づく。

「本当のあなた」はまったく穢れのない存在である。
だから今日のあなたは心のお掃除が出来るのである。
「本当の状態」に戻るだけだ。
美しい気高い優しい清らかな「本当のあなた」はいつでも微笑んでいるのだ。

人と自分を比べるのはやめよう。
大きく大きく全体像を見詰めよう。
あなたはとてつもなく大きな存在である。
逞しく強く包容力のある、高くて深い存在だ。

忘れてはいけない。
あなたがあなたを小さく限ってはいけない。
あなたは大きいのである。
その大きさは心の奥底の光なのだ。
限りなき輝きなのだ。

あなたは大きい。
そして自分で大きいことを感じ始めている。
生長している。
もっと大きくなる。
今十分許容力があると思っていてもまだまだもっと大きいのが「本当のあなた」だ!

あなたは大きい。
素晴らしく、美しく、雄大な存在である。
無限大というのは捉えにくいので、今日は昨日より10倍大きなあなたと付き合ってみよう。
明日は100倍にしてみよう。

あなたはとてつもなく大きくなっても、
やっぱり、チャンとあなたなのである。

  1. 2008/07/04(金) 22:42:56|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

c57.jpg


私と息子たちのこの夏に計画しておりました日本への里帰りは見送ることになりました。
直接会えることを期待して下さっていた方々に心からお詫び申し上げます。
次回は予定が確実になりましてから発表いたします。
なるべく早く機会が与えられますことを祈っております。

ご報告とお詫びまで、

りやこ
  1. 2008/07/04(金) 06:19:24|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まこと

c58.jpg


誰でも「まこと」を持っている。
「まこと」こそあなたなのだ。

あなたは「まこと」でない人や物事に接しているとき窮屈でイライラする。
すっきり「まこと」が通じないのは何故であろうか?
何故壁が出来たり誤解が生じるのだろうか?
誰も彼も素直になれないものだろうか?

あなたの心の中の「まこと」は叫び声をあげて正当性を訴えているのだが、そしてあなたの中の「まこと」に間違いはないのだが、
3次元の世界でどう通じ合えるかということは心にかかった雲や枠がゆがみを生じている可能性があるので自分の欲望と「まこと」を混同していないか確かめてみよう。

そのほうがお互いにいいのだから、、と思っている理由はどこから生じているだろうか?
時間的に早く解決してしまいたいというあなたの焦りは何なのであろうか?

自分の作り上げた都合通り計画が進まなくても、今のあなたは一つ一つとても貴重な体験を重ねているのである。

あなたの中の「本当のあなた」は「まこと」なのだ。
真の愛は「まこと」なのだ。
「まこと」は生命であり、生命を生かすものであり、生命として生かされるための「知恵」ある。

初夏の草花のように、中学生くらいの少年少女のように、物事には目を見張るほどぐんぐん成長する時期がある。
あなたが何故かアタフタしてヘキヘキしているとしたら、今のあなたはバランスを崩すくらい急成長をしているのだ。
自分ではちゃんと基盤をもって進んでいるつもりでも、あなたの大きさ自体がとてつもなく拡大されている最中なので今までの基盤では追いつかないので足元からグラグラ拡張工事が起こっているのだ。

「本当のあなた」は知っているとしても、人間界に慣れているあなたは「こんなことでは生きていけない!」と悲鳴を上げたくなる状況に置かれている気がするのだ。

大丈夫!
これから花が咲き実が成るのだ!
今は水と栄養の配分に気をつけて光に向かってぐんぐん伸びる時期だ!
根っこもぐんぐん深く伸びているのだ。
この期間にこの体験をしておかないと次の展開がないのである。

苗床から大きな鉢に植え替えられる、もしくは大地に根を張るチャンスを与えられる。
これからが本番だ!
あなたはもっと大きくなるのだ。
あなたが育つことは約束されているのだ。
もう大自然の知恵の中ではとっくに計画に入っていることなのである。
個人の生長は実際にあなたがしなくてはならないのである。
ちゃんとその時期に入っているのでそうなっているのだ。

早く安定したいのは人情だ。
落ち着きたい。

しかし、本当に落ち着けるのはあなたの中の「本当のあなた」であるところの「心の故郷」だけなのだ。
急成長中でも深呼吸を繰り返してHomeを呼び起こそう。
あなたは限りない愛に包まれ光に満たされ知恵の湧き出てくる温泉に浸って一息つけるのである。
そこはいつも変わらないのだ。
誰にも遠慮は要らないのだ。

「まこと」は「ひとつ」である。
あなたが心の故郷で「まこと」を呼び起こすとき、すべて解決するのだ。
あなたは解かるのだ。
「何だ、心配しなくていいのか、、、」
ちゃんと段階を経て生長するようになっているのだ。

あなたにはすべてが与えられている。
無限に供給されている。
手品師のように帽子の中から恋人をポンと引き出してしまいたい気持ちもわかるが、優秀な手品師ほど仕込みに時間をかけるのである。
空から札束は降ってこない。
奇跡が起こるとしたら、いつもはすごく遅いのでまったく当てにしていなかった取引先が急に何か月分もの払いを振り込んでくれるというような現象でやってくる。
ついに何かが起こるとしてもやはりどこかで積み立てたことから引き起こっているのである。

あなたの信じている「まこと」が真に「まこと」であるかチェックしてみよう。
ただの欲望である場合は早く消えてなくなるほうが本当の生長が促進するのである。

「まこと」は簡単で単純なのだ。
すっきりと素直なのだ。

「本当のあなた」は一回も迷ったことのないピカピカの最も美しい魂なのだから何も恐れなくてよいのだ。

  1. 2008/07/01(火) 22:37:16|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍:

『りやこのメッセージ』『利也子の日記 1』

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

http://liyako.weebly.com/healing.html

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する