利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

過去

c105.jpg


なぜか一時的に記憶喪失になったとしよう。
話は出来るし、食事や衣服の着替えなどは出来るが
自分に関するデータを呼び起こすことができない。

周りの人が氏名と家族や職業などを教えてくれる。
さらに得意だった分野や趣味なども伝わってくる。
「そうなんだ、、、」と受け取る。
ぼやっとしていてよく解らない。

その時に
「あなたの敵はAさんで、以前にはBさんに虐待されていました。」
と言われてもピンとこない。

または、絶対に会いたくなかった人とバッタリ会っても
知らん顔して通り過ぎることになる。
特別な感情は湧いてこない。
記憶にないのだ。

過去のことは
まるで日本人が教科書で米国の市民戦争の歴史を習っているように
そういうことがあったのだ、と知るだけで
個人的な感情移入はない。

そして、
「では、これからどうやって生きていこうか?」ということになる。

左右から
「あなたはこうだったのです、ああだったのです。」と言われても
なにもかも全部信じるわけにはいかないし、
自分の深いところから湧いてくる感情をガイドにして進むしかなくなる。

こんな時は誰にでも丁寧に接することになる。
相手が自分にとって何なのか解らないので礼をつくした態度で話しかける。
異国を旅しているようなもので、
その土地の常識に反したことをしないように、
最初から誤解を受けないように、
優しく柔らかく、しかもハッキリと意思を伝えるようにする。
あいまいな態度は危険なのだ。


地球上にほんの短期間記憶喪失になる時間帯があったら
なんで戦っているのか、
なぜ不和が生じたか、
どうして誤解が生まれてきたか、
どこからもつれ始めたか、
全員が見直すチャンスを与えられる。

そして地球上の誰でも
楽しく平和に幸せに暮らしたがっているのだ、と
再認識することになる。
みんな同じなのだ。
生活様式や言語が違っても人間の生命の尊さは同じだ。

この時「一」が浮き上がってくる。
ひとつなのだ。

どんなにバラバラのように観えても
みんな同じなのだ。

今までにそういうことがあったのかもしれないが、
ではこれからはどうしたら善いだろうか?
地球のために人類のために。

「過去」は事実として置いておいても、
特別な感情移入は一旦掃除される。
「過去」に重みはなくなる。

あなたの中の恨みや悲しみや苦しみが解除される。
覚えていないのだ。
ただ消え去ってしまう。

あなたは心の底から響いてくる愛の波長を信じて生きることになる。
本当に大切にすべき人は誰か?
あなたの貴重なエネルギーを費やすべきプロジェクトは何か?
かけがえのない時間を最良に生かせる方法は?

「本当の知恵」が活躍し始める。
しきたりや風習であったことは見直される。
伝統的に受け継がれてきたことも善い部分を残さず保存し、
新しい時代の中での展開を考慮する。
「本当の知恵」が導いてくれる。

あなたは今生きている。
これからも素晴らしい人生を生き続ける。

意味なく背負っていたお荷物は一旦下ろして整理される。
何のために持っていたのか、感情的にならずに処理する。
そんな大荷物を抱えていなくてもあなたはあなたなのだ。
軽くなって「本当のあなた」がのびのびと過ごせるようにしよう。

記憶喪失になってはやはり不安感も大きいので、
今日は自分で過去の整理をしよう。
古い悪感情に価値はないのだ。
想い続けなくてもよい。

そして誰にでもまるで初めて会った人のように接してみよう。
どんな発見があるだろうか?

自分がどう見られているかは心配しなくてよい。
あなたは自分の素晴らしさを認めてさらに磨きをかけることに専念するだけで良い。
すべてに優しく丁寧に尊敬の念を持って接してみよう。
あなたはいつもと同じ道を歩いているとしても
フレッシュな旅人なのだ。
目を見張るような美しい光景が左右に繰り広がる。

もう十分よく知っていると思っていることでも
もう一度新鮮な目で見直そう。
知恵の光がウィンクしてくれる。

以前読んだことのある本に目を通すと
「何だ、ここに知りたいことが書いてあったじゃないか!」と驚嘆することになるのだ。

あなたは常に導かれている。
いつもいつも両側からサポートされているのだ。

あなたが宇宙旅行を夢見る少年だったとしても
幸せは「ここ」にあるのだ。

今日何ができるか考えてみよう。
夢の中でメイドを10人雇って心の中の大掃除をやってしまおう!
引き摺っていくものはもうなくなる。
明るい軽やかなあなたを観よう!

眼が覚めた時に十歳若返っていたとしても
それは奇跡とは呼ばない。
本当のミラクル・ライフはこれからだ!








スポンサーサイト
  1. 2009/12/06(日) 22:46:35|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍:

『りやこのメッセージ』『利也子の日記 1』

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

http://liyako.weebly.com/healing.html

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する