利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

サンプルのページです。



私の電子書籍の初めの部分を無料でお読みになれます。
サンプルのページをご自分の電子機器にダウンロードしていただく事も出来ます。

スピリチャル・ヒーリングの内容が解りやすく書かれていると思います。
是非、ご参考のためご一読ください。
ご購入は御自国のアマゾンでどうぞ。
下記のリンクは米国のものです。
中味はどの国で買っても全部日本語です。

りやこ


日記1


利也子の日記 サンプルページ
http://www.amazon.com/Liyako-Nikki-Japanese-Edition-ebook/dp/B00CR6JCRM/ref=pd_rhf_se_p_imgnr_3#reader_B00CR6JCRM
このブログを書き始めた2007年3月から30日分が簡単に編集されて本に纏まっています。
初めのころは私の身の回りの出来事などをトピックにして書き始めて
心の中を整理したり、浄化したり、考え方を拡げたりしていただけるような文調だったと思います。
私自身抱えている問題にどう対処しているか、もし同じような環境に居らっしゃる方がいたら参考にしていただけるのではないか、と思いました。
自分の心を励まさなくてはならないので、ついでに文章にして公表している感じがあり、
その頃読んでくださっていた方々に
「だから説得力があるのか、、、すごく親近感がわきます。」とコメントを頂きました。



bookcover(2).jpg


りやこのメッセージ サンプルページ
http://www.amazon.com/Liyakos-Message-Japanese-Edition-ebook/dp/B00CIEBGB8/ref=pd_rhf_dp_p_imgnr_5#reader_B00CIEBGB8
この本は私のメルマガの記述をまとめたもので、
実際にどのように心を安定させたり、気の持ち方考え方の幅を拡げて行けるか、
自分で自宅で出来る簡単な方法を数々ご紹介してあります。
いきなり「自分の意識を拡げましょう」と言われてもどうやっていいのか解りませんよね?
深呼吸を3分続けて 
吸う息で善い言葉を自分の中に流し込み
はく息で今まで溜まっていた古く重い思想を出してしまうとか、
言葉の繰り返しで自分の中の「本当の自分」を愛せるようになるとか、
単純で効果のある方法を数々ご紹介してあります。
是非試してみてください!

りやこ





他のブログでもご紹介いただきました。
本の内容にご興味のある方はご覧ください。


・書籍名:りやこのメッセージ
・著者名:松田利也子
・紹介ブログのURL: http://bookissue.biz/blog/issue_books/liyakos_message.html

・書籍名:利也子の日記 1
・著者名:松田利也子
・紹介ブログのURL: http://bookissue.biz/blog/issue_books/liyako_no_nikki_1.html




スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:日記

  1. 2013/09/23(月) 05:48:09|
  2. ヒーリング、癒し、こころ、気の持ち方、愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍
『りやこのメッセージ』
http://bookissue.biz/book/liyako_matsuda

『利也子の日記 1』
http://bookissue.biz/book/liyako_no_nikki_1

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する