利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

a10-51.jpg


善と悪。
どうしてもはっきりさせたい時はある。

しかし人間の体のほとんどは水分なので私たちは流動的にできている。
賢い人ほどはっきり白黒だけでは決まらないのだということを知っている。
かといってうやむやに過ごすのは心が収まらない。
どうしたらいいだろうか?

顕在意識の下には潜在意識があり、そのまた深いところには魂の世界がある。
または、私たちの感じる自分の上により高い自分、ハイヤー・セルフがいて、その上に全ての全ての存在がある。
上に行っても下に言っても人間界では解決できない問題を全く違う観点から掌握してしまう事が出来る。

悪があると思うと「正さねば!」と思うのだが、「善」を呼び起こす事で解決するのだとわかると力を抜いて対処できる。
悪に対しての善ではなくて、善がすっきりと表れていない時に悪がのさばっているように見えるのである。

光がないところが闇に見えるのと同じである。
光さえ表れれば闇は存在の主張を出来ないのである。
一瞬にして消えるしかない。

「悪は無いのだ!」としっかり信じていると浄霊などすぐに出来てしまう。
邪悪な霊などないのである。
みんなすっきり成仏したいだけだ。
あっという間に清清しく綺麗になる。

あなたは「善」そのものなのでなにも怖れる必要は無い。
「善」である自分を毎日の生活に出せば出すほど通常悪だと思われていることは姿を消していく。
潜在意識のお掃除も出来る。
つまり、自分の中に悪があると思って隠し持っていたものでも必要ないのだとわかるのでポイと捨てることになり、「善」である「本当の自分」がゆったりと輝くことが出来るのである。

人の悪も自分の中の悪も「悪い!悪い!」と攻めているうちはとても辛いのである。
痛いし、苦しいのである。
もういいのだ、開放しても!
ごまかしではなく、心の底からあなた自身の「本当の清らかな純粋な愛のみである自分」を引き出すのである。
あなたはもっともっと明るいのである。
光り輝く神聖な「生命」があなたである。

光り輝く神聖なアイディアが「知恵」である。
あなたは「知恵」を持ってなんでも解決できる。
全ては「ひとつ」なので先駆者の知恵を借りてもいいし、子供からヒントをもらってもいい。
モチロンあなたの内側から無限の答えが湧いて出てくる。

あなたは「善そのもの」なので悪を許したくない。
悪を許すのではなく悪が住むことができない心を顕現するのが最も近道なのである。
「平和」を感じる時、悪い人はつまはじきにして善い人たちだけの平和を作ろうとしてもなかなか成り立たない。
「平和」とは「平和」なのである。
全てが一体の状態である。
あなたが「平和」の中で息づき始める時「平和」が顕現される。

あなたは「善」である。
完璧に「善」そのものである。
あなたの魂の世界には悪は無いのである。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/10(火) 20:53:07|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リラックス・タイム | ホーム | 未来の予見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://liyako225.blog97.fc2.com/tb.php/120-ed2d5db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍
『りやこのメッセージ』
http://bookissue.biz/book/liyako_matsuda

『利也子の日記 1』
http://bookissue.biz/book/liyako_no_nikki_1

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する