利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

カルマの法則

20070328010949.jpg


カルマの法則を知っていると悪い言葉は使えなくなる。
「因果」の法則である。
「原因」が「結果」を呼ぶ。

いじめる人はいじめられる。
人を認めない人は自分も認められない。
悪口を言う人は自分も悪く言われる。

喜びを分け与える人は喜びが帰ってくる。
楽しい事を常に話していると「この人には苦しい悲しい話は似合わない、、」と自然に楽しい話題だけ周りも話すようになる。
平和な心を持っている人は平和な状況にいつも招かれていくのである。

感謝の言葉をより多く使う人には「感謝の雨」が降ってくる。
カルマの法則こそ一番公平な法則であり、常時利用すべきなのである。

誰かと会っているときはより向上するための機会なので自分とその方がどうしたら同時に楽しくよりよく過ごせるか考えてみよう。
「イヤだな、、」という相手の場合はカルマの法則を使って「この人に良い事が今すぐ起る!」と念じ、「私もこの人の本当の素晴らしい魂を見抜くので、相手も本当の自分を観てくれるのである。」と簡単に心の中で自分に話しかける。

「私には全然良い事が起らない、前世での行いが悪かったのか、親の因果か、、」と嘆いている人は、まず自分の魂は清らかなものであり今ここで良い言葉を使って本当の魂の清らかさを呼び起こせば「前世」とか「親の因果」など関係なく生きていけることに気付いていただきたい。
誰でも同じである。
親がどう言おうが今はここであなた本人の人生を歩んでいる。
綺麗な言葉使いに今日から改めて、愚痴や他人の欠点を話すのをやめよう。

「あの人は成功するはずない」とか「あんなことでは当分ダメだね」などというコメントも控えるべきである。
人それぞれの成功の基準も達成までにかかる時間も違うのである。
それぞれのプロセスが大切な時に声援や援助をしてあげられないのなら全く何も言わないでいていただきたい。

人の成功をねたんでいる人は「ねたんでいる」という波長だけ呼び起こしているので、ねたんで人の足を引っ張ることで自分が成功できるわけではないとはっきり解って頂こう。

自分の充実感が何より大切なのである。
「自分は素晴らしい!」と内側の自分が認めてあげると外の世界はその法則により「素晴らしい!」という賛辞を浴びせてくれるようになるのである。
賛辞が欲しくて初めから狙っている人はどれだけ受けてもまだ足りないように思うけれど、自分が自分を絶賛できると誰かたった一人でも「凄いじゃない!良かったね!」といってくれるだけで納得するのである。

まず今日、楽しいことがあったら誰かに伝えよう。
美しい言葉を使い、綺麗な態度で人に接しよう。
「自分」がそれに相応しい人であると「自分」に常時話しかけよう。

愛する人は愛される。
カルマとは凄く簡単な法則である。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/28(水) 01:12:49|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素晴らしい生命 | ホーム | 唯我独尊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://liyako225.blog97.fc2.com/tb.php/13-4a64fcbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍:

『りやこのメッセージ』『利也子の日記 1』

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

http://liyako.weebly.com/healing.html

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する