利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

考え方

a10-77.jpg


もし未熟児が生まれたら「この子は一番素晴らしい誕生日を自分で選んできたのだ!」と感謝しそれ以上「未熟児、未熟児」と呼び続けない工夫をしよう。

魂の尊さも清らかさも全く同じなのである。
大切な一番素晴らしい生命の誕生を祝い、母親も新生児も祝福されるように気を配ろう。
けっして母親も新生児も劣性ではないのである。
ただちょっと早く生まれてきたので必要な看護を受けているだけだ。
周囲にいる関係者のさらなる理解と愛の波長で乳児はすくすく育つ。

「本当の愛」は癒し育む。暖かく包み込む。
手を握ってあげる事で、抱きしめてあげる事で、あなたのまごころはさらなる生命力の波長を伝えることが出来る。

弱弱しく目に映るものがけっして弱いものでは無い事は何回か人生の中で体験されている方が多い事だと思う。
守ったり庇ったり向上を促す体験のために一時的に私たちを導いてくださっている事が多い。
こういうときこそ希望を失わず「生命力」を信じなくてはならない。

劣性の霊体は無いのである。
私たちの生命体はどれもピカピカの澄み切った光である。

「知恵」は誰にでも備わっている。
母親の本能も「知恵」なのである。
医学も進み色々なことが可能になった今でも母親の直感というものは医者達では読みきれないものがある。
新生児は生まれてからもしばらくは見えないへその緒でつながっている。
母親はオロオロ心配するのをやめ、自信を持って自分の子を抱きしめる時この見えないへその緒でまだまだ充分に生きることに必要な全てのものを提供し続けているのである。

あなたの中には「永遠に流れている生命力」がある。
子供や他人と分かち合っても乾いてしまう事は無い。
全ては「ひとつ」なのでどこからもっと必要な「力」や「知恵」をもらっても善い。
あなたは誰よりも大切なのである。
困惑したり卑下されたりしているように見えても「本当のあなた」がへし折れてしまう事は無い。
「本当のあなた」は「全ての全て」から何を作り出しても善い存在なのである。

あなたは「本当の愛」を知っている。
「愛」を生きることを知っている。
「愛」の表現が様々に現れることを知っている。

「もう、どうしよう、、」と悩んでしまった時、
「もう力が出てこない、、」と倒れそうになった時、
あなたを支えている守護霊のチームも「出番だ!」と頑張り始めているのである。
もう少しだ。
大丈夫!
あなたはやり抜ける!

絶対に救われる。
救いとは自分の心を開いた時に戸口で待っているものなのだ。
恐ろしくてドアを開けられなかったけれど最後に決心した時「なんだ、最初からみんな助けようと思って構えていたのか!」という事がわかる。
どのように救われるかはあらかじめ決めることではない。
不思議な導きはすでに電波のように飛び回っていて、あなたがチャンネルを合わせたときはっきり映像で目の前に出てくるのだ。

病人を抱えている親戚の方々も「なんでもしますから是非とも生かしてください! 治してください!」とすがりつくように祈るのではなく、「近日中に素晴らしい姿を見られますことを感謝します!」と本当の生命力や守護霊がさらに力を発揮できる念波を飛ばしていただきたい。
治してください、というのでは今の状態が悪いと認めているので善い波長にならないのだ。

「今日も一日善い日でしたね」と話しかけると「善い、善い。」という波長が流れるのである。
こんな状態で善いもクソもあるか、と思っても、「善い、善い。」と言い続けるとチャンと寝ている側にも笑顔が戻ってくる。

不安の材料になる言語はサッと上手によけよう。
こういうときこそ言葉の力をフルに使うときである。
よい言葉がよい波長を呼ぶ。

こんな時に笑顔を作れるものではないと思わずに、こんな時こそ笑顔がたくさん必要なのだとしっかり認識しよう。
どんな注射より安全性の高い特効薬である。

魂に優劣はない。
自分より劣って見えるものに教えられる事が大であることを再認識しよう。
明るさを提供しよう。
安心感を分かち合おう。
優しい言葉を惜しみなくかけてあげよう。

全ては「ひとつ」なのであなたがホッとできた時地球も一息つけるのである。
大地からも天からも力は湧いてくる。

ただ「愛」を信じるだけでよいのである。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/28(土) 04:31:56|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<心のメインテナンス | ホーム | 価値観の変化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://liyako225.blog97.fc2.com/tb.php/136-08d5164e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍:

『りやこのメッセージ』『利也子の日記 1』

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

http://liyako.weebly.com/healing.html

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する