利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

嫉妬

c59.jpg

嫉妬
焼きもち
ジェラシー

人間の持っている感情の一部である。
ムクムクと育ってしまうとオセロのように人命を奪ってしまうことになる。
アナキン・スカイウォーカーのように悪の代表格になってしまう。

私はあっさりしているのでそんな感情は持ち合わせない、と思われるかもしれないが、
嫉妬心は恋人同士や人間関係から発するとは限られていない。
もっとチョクチョク仕事場や家族の間でも感じられるものである。
道を歩いていてもテレビや雑誌を観ていても湧き上がってくる。

一回何かで嫉妬心が振り動かされると心の中に小さい蜘蛛の巣のような物が出来、その後似たような感情が起こるたびにその粘々した網のようなものがキャッチし次々同じ場所に感情を溜めはじめてしまう。

一個一個取り除こうと思っても、なんだかあれもこれもくっついて居るのである。

スッキリと全部取れてしまう日が来るのを知ろう!

あなたの本心は「真の愛」とつながっており、「本当の愛」はただ愛することだけが本能なのであるから、今日明日の心の揺れと、「本当の自分」が放出している光はまったく違う波長であることを知ろう。
光が差したときに薄暗かった部屋の隅に蜘蛛の巣が張っているのを見つける。
「あら、いつの間に、、」と驚くのだが、気がついたら掃除してしまえばいいのだ。
見つけたときに取り去ればいいし、今後は明るさを保てばどんなに小さいゴミでもすぐに目に入り清掃できるようになる。

大掃除をした後でもやはり毎日か、毎週か、毎月、部屋の掃除は続けるのであるから、心の掃除もたまには少し時間を割いて続けよう。
「あ、こんなのがあった、、」と、思いがけぬ自分の感情を見つけても自分を責めずにさっさともっと明るさを取り入れ、汚いと思われる部分を掃き捨てればいいのである。
あなたはさらに綺麗になるのだ。
「本当の自分」にぐっと近づく。

「本当のあなた」はまったく穢れのない存在である。
だから今日のあなたは心のお掃除が出来るのである。
「本当の状態」に戻るだけだ。
美しい気高い優しい清らかな「本当のあなた」はいつでも微笑んでいるのだ。

人と自分を比べるのはやめよう。
大きく大きく全体像を見詰めよう。
あなたはとてつもなく大きな存在である。
逞しく強く包容力のある、高くて深い存在だ。

忘れてはいけない。
あなたがあなたを小さく限ってはいけない。
あなたは大きいのである。
その大きさは心の奥底の光なのだ。
限りなき輝きなのだ。

あなたは大きい。
そして自分で大きいことを感じ始めている。
生長している。
もっと大きくなる。
今十分許容力があると思っていてもまだまだもっと大きいのが「本当のあなた」だ!

あなたは大きい。
素晴らしく、美しく、雄大な存在である。
無限大というのは捉えにくいので、今日は昨日より10倍大きなあなたと付き合ってみよう。
明日は100倍にしてみよう。

あなたはとてつもなく大きくなっても、
やっぱり、チャンとあなたなのである。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/04(金) 22:42:56|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金メダル | ホーム | お知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://liyako225.blog97.fc2.com/tb.php/314-e631d1be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍
『りやこのメッセージ』
http://bookissue.biz/book/liyako_matsuda

『利也子の日記 1』
http://bookissue.biz/book/liyako_no_nikki_1

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する