利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

不当な出来事

liyako180.jpg


ガンジーはシャイな少年だったらしい。
英国で法律を勉強し弁護士の資格をとった後もシャイな性格は直らなかったということだ。
しかしある時、南アフリカでビジネス・トリップのため一等の乗車券を買い一等車に座っていることをある白人乗客が咎め、車掌たちにマリツバーグという駅で強制的にホームにほっぽり出されてしまった。
凍えながら、怒りに震えながら、この駅で一晩過ごさなくてはならなかった。
この旅ではまだまだチャレンジが続き、人種差別の改善のため、ついに彼は人々の前に立って堂々と発言をするようになった。
彼の引っ込み思案な性格は一変した。
彼の演説を聞こうと人が集まった。
英国も世界も彼の言葉に耳を傾けるようになった。
そして「死んでも死なない存在」になった。

「本物のガンジー」が殻を破って現れた時歴史は変わったのである。

「本当の自分」が殻を破って登場する過程で不幸な出来事を体験するように見えることがある。
不当に扱われているように見えることがある。
それは実はあなたはもっと大きなことが出来るから「大いなる力」が後ろからプッシュしているのである。
くじけてはいけない!
あなたはできるのである、やり通せるのである!

今、素晴らしい機会が与えられている。
ここでやってみる。
あなたは「愛」そのものである。

ガンジーのような大きな愛は持っていない、と言ってはいけない。
「愛」は同じである。
みんな「愛」そのものの存在である。

そして自分のやり方で行動できる。
無理矢理他の人と同じに行動しなくても良い。
協調は必要だが、「愛」から発している行為で独特な個性的な行動が生まれてもいいのである。
人々は感動する、感謝する。
つながりを感ずる。

一生懸命に毎日やっていると思っていても、天が「さあ、もっとできると確認して御覧なさい」と促すようにさらなるチャレンジを送ってくることがある。
それがなかったら次の大きな動きは獲得できないのだ。

心配しなくて良い。
あなたは出来る人なので自分の素晴らしさを引き出す手伝いが現れるといっているだけだ。

ちょっと大変なことが続いていると思ったら「真の愛」と紙に書いてポケットやハンドバックに入れて歩こう。
寝るときは枕の下に挟んでおこう。
「愛」は守ってくれるし癒してくれる。
そして全てを動かしているエネルギーも「愛」である。
「本当の姿」を見続けると必ず結果が出る。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/15(日) 23:50:42|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<あなたの命 | ホーム | 必要>>

コメント

このブログで愛という言葉をみると心の内がほっと暖かくなります。
ブログから愛が自分に流れ込んできます。
全て愛ですね!今ですね!みんなみんな愛ですね!

真の愛の紙、実践中です。どうかわっていくか楽しみです!

ありがとうございます!!!
  1. URL |
  2. 2007/04/15(日) 18:27:44 |
  3. T #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://liyako225.blog97.fc2.com/tb.php/32-20b46db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍
『りやこのメッセージ』
http://bookissue.biz/book/liyako_matsuda

『利也子の日記 1』
http://bookissue.biz/book/liyako_no_nikki_1

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する