利也子の日記

スピリチャル ヒーラーとしての活動や文筆物。

エリート意識

a1.jpg


私の祖父は生前に契約をして息を引き取ったら献体することに決めていた。
だからお葬式はなかった。
祖父は92歳で昇天したのだが、80代の時友人たちよりずっと長生きしたし遠くにいる親戚などにわざわざ葬式に出てもらうのも大変であるし、大体葬儀費用がかからなくて医療の進歩のために役立つのだからこんなにいい事は無いといって献体のシステムを知って喜んでさえいるようであった。
生命と肉体をすでに切り離して考える事が出来る人であったのだろう。
使わせていただいた体は死後でも最後まで何かの役に立つように配慮した。

「人のことを考えなさい、人のことだけを考えている時丁度いいくらい自分の事を考えている。」と繰り返し教えてくれた。

今私の毎日書いていることと相反するようにも受け取れる。
私は「自分を大切にしなさい」と繰り返しているのだ。
これは矛盾しているのだろうか?

本当に人の助けになるには「真実」を把握するのが近道なのである。
自分の中の「本当の自分」と向き合った時全てがわかる。
全てがわかったとき「人」がわかる。
そしてどの人にも一番必要なこと大切な事を提供できるようになる。
人助けには体力も必要となる。
自分が寝込んでいては世の中の助けにならない。
病気になっては人の足を引っ張る事になるのだ。
活き活きと生きているとき、明るい笑顔を振りまいている時、あなたは「人のため」になっているのだ。
人のことを考えるとは自分をいくらでも犠牲にしなさいということではないのだ。
反対である。

祖父はエリート意識を持って成長した。
明治生まれであったので進学するものが限られていた中、大学まで行くものはほとんどが「自分たちが日本を背負っていくのだ」という強い責任感を持っていた。
戦時中にもしくは戦後に各々の立場での主張があった中意見の違いはそれとしても、人道を欠く事は認めなかった。
攻撃的意見のある人でも口頭での主張は尊重したが暴力的行為はよしとしなかった。
「礼」を欠く事は許さなかったのである。
戦争が終わり一般の生活に戻った中でも国を思う気持ちは深かった。

私たちは今世界平和を考えている。
地球の温暖化を止めようと計画を実行し始めている。
今もっとエリート意識の高い人たちが必要とされている。
エリート意識とは自分たちがリードして「よりよい環境を作るのだ」と実務を誇りと責任を持って果たす人々の心構えである。

私たちは全員平和な世の中を願っている。
実現したいと思っている。
まず心の中で「実現」させなくてはいけない。
一部のボランティアたちの仕事ではない。
政治家たちだけの仕事ではない。
私たち一人一人の仕事である。
「平和」は積極的に存在するのもである。
生き物なので常に「愛」を満たさなくては存続しない。
どの家庭にも愛が満たされることが必要だ。

あなたが積極的に自分を「愛」を満たすことから始まる。
そして「愛」があふれ出す。
周囲が愛で満ち溢れる。
「愛」は「愛」を呼ぶので「愛する行為」で町が一杯になる。
愛に反する行為は居場所がなくなる。
解けて消えてしまう。

自分が満たされている人は早くみんなも満たされて欲しいので行動が広がる。
仲間が増える。
どの分野の人も「なんだ同じか、愛の表現か!」と通じあい、お互いの仕事振りに感謝しあえるのである。
無駄な時間は無くなる。
全てが生かされる時間である。
積極的に生きているとは愛を生きているということになる。
楽しい時間ばかりになる。

認め合って安心しきって暮らせるようになる。
今心の中の「絶対に安心な場所」でそれを味わってみよう。
しっかり持てば持つほど現実生活の改善は早いのである。
心で改善されたものはほとんど瞬時に目の前に現れるのである。

だからまずあなたから始めなくてはいけない。
あなたが「愛」で満たされなくてはいけない。
あなたは「愛」そのものであり、外に求めなくてもいくらでも「愛」が溢れ出てくる素晴らしい存在であると認めなくてはいけない。

これはあなたの話である。
あなたが「愛」そのものなのである。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/03(木) 21:54:31|
  2. 癒し、ヒーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<A Voice Deep Inside | ホーム | 龍宮城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://liyako225.blog97.fc2.com/tb.php/50-2544c818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Liyako

Author:Liyako
松田利也子 Liyako Matsuda
米国NY在住。

癒しの方法をご紹介しているメルマガ
「りやこのメッセージ」は;
http://www.mag2.com/m/0000241221.html


電子書籍:

『りやこのメッセージ』『利也子の日記 1』

は、アマゾンでご購入いただけます。
世界主要8カ国で売り出されていますので
御自国のアマゾンで Liyako Matsuda で検索していただけますようお願いいたします。
どの国でお買い上げになっても中味は日本語です。

一番新しいブログ記載内容がしっくり馴染めない場合は
古い方の日記を右下のアーカイブから任意にお選びいただきますと、現在お抱えになっている問題の解決に繋がる事がよくあります。
お好きな所からランダムにお読みになってください。

メルマガのバックナンバーもご自分でできる癒しの方法が数多く紹介されていますので是非ご参考にしてくださいますように。

http://liyako.weebly.com/healing.html

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する